日々の生活で使用するスパイス調味料ですが、

実はスパイス調味料関連の資格があることをご存じでしたか。

この記事ではスパイス調味料の資格で人気のものをご紹介いたします。

目次

スパイス香辛料アドバイザー

スパイス香辛料アドバイザーについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

日本安全食料料理協会(JSFCA)が実施する認定制度です。

スパイスの歴史や種類を理解し、様々なスパイスを有効的に活用できる知識を持つ人に対し認定されます。

認定試験に合格することで、スパイス香辛料アドバイザー資格を取得することができます。

スパイスの歴史、原産国、効果、作用、種類、特徴、利用方法、料理への用い方など、スパイスについての幅広い知識が問われます。

スパイスソムリエから名称が変更になっていますが、試験範囲や合格基準は同じです。

受験料

10,000円です。

申し込み方法

日本安全食料料理協会ホームページの申し込みページから申し込むことができます。
毎年隔月(1、3、5、7、9、11月)で受け付けています。

受験方法

在宅受験となります。

申し込み月に応じて、2、4、6、8、10、12月の20~25日が試験期間となります。

この期間中に各自で試験を受け、提出期限(同月30日、2月は28日)までに返却用の封筒で解答用紙を送ります。

試験会場へ出向くことが無く、試験期間中いつでも受験できるため、仕事や家事育児などで忙しい方も受けやすいです。

受験資格の有無

特にありません。誰でも受験できます。

合格基準

70%以上の評価で合格となります。

資格取得のメリット

スパイスの基本的な知識が身に付き、料理に生かすことができます。

普段の料理に適切なスパイスを選択できるようになり、本格的な味を出せるようになります。また、スパイスを効果的に利用することで、減塩効果も期待できます。

味付けとしてだけではなく、消化不良に良いものや新陳代謝を上げるものなど、効能についても学ぶことができるため、健康維持の方法のひとつとして活用することができるようになります。

仕事だけではなく、日常的に活用しやすい実用的な知識が身に付くので、スパイスをどう使ったらよいかわからず余らせてしまうこともなくなるでしょう。

どのような仕事につけるのか

飲食店、レストラン、食品メーカー、香辛料メーカーなどで、知識をアピールできます。

スパイスは料理のジャンルを問わない知識なので、履歴書に差をつけることができます。

もちろん、レストランやカフェを開業し、スパイスの効能を生かしたメニューを取り揃えたり、料理人として活躍したりすることもできます。本場の外国人の方にも喜んでもらえるような本格的な料理を提供できるでしょう。

どのような通信講座があるか

スパイス香辛料アドバイザーの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング

スパイス香辛料アドバイザー資格取得講座は、スパイス香辛料アドバイザーだけでなくスパイスインストラクターにも対応した内容です。

この講座は、通常の講座と、協会指定のスペシャル講座の2種類があります。

通常の講座は、講座終了後に自分で試験に申し込み、受験する必要がありますが、スペシャル講座は卒業課題を提出すると2資格を同時取得できます。試験を受ける必要はありません。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は通常講座が59,800円スペシャル講座が79,800円です。分割払いにも対応しています。
学習サポートとして、専属のスタッフが質疑応答に無制限で対応しているため、学習中にわからないことがあっても安心です。

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンのスパイス講座も、スパイス香辛料アドバイザーだけでなくスパイスインストラクターにも対応しています。

基本コースと、協会指定のプラチナコースがあり、プラチナコースでは卒業課題を提出することによって、試験を受けることなく同時に2資格を取得することができます。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は基本コースが59,800円、プラチナコースが79,800円です。分割払いも可能です。
学習中のサポートとして、プロの指導者に個別で質問することができるため安心です。

スパイスインストラクター

スパイスインストラクターについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

日本インストラクター技術協会(JIA)が実施する認定制度です。

スパイスの種類、効果や作用を理解し、スパイスを適切に使用可能な知識を持ち、インストラクターとして教えるスキルが十分な人に対し認定されます。

認定試験に合格することで、スパイスインストラクター資格を取得することができます。

スパイスの歴史、品質管理、代表的なスパイス、使用する上での注意点、賞味期限と保存方法など、スパイスについての幅広い知識が問われます。

また、ハーブとの組み合わせも出題範囲になっているのが特徴です。

受験料

10,000円です。

申し込み方法

日本インストラクター技術協会ホームページの申し込みページで受け付けています。

毎年1、3、5、7、9、11月に申し込むことができます。

受験方法

在宅受験となります。

申し込み月に応じて、2、4、6、8、10、12月の20~25日が試験期間となり、

この期間中に試験に回答したのち、提出期限(同月30日、2月は28日)までに返却用の封筒で解答用紙を送ります。

試験会場へ出向くことが無く、試験期間中いつでも受験できるため、仕事や家事育児などでなかなか時間が取れない方も受けやすいです。

受験資格の有無

特にありません。誰でも受験できます。

合格基準

70%以上の評価で合格となります。

資格取得のメリット

スパイス・ハーブの基本的な知識が身に付くので、料理人など仕事としてスキルアップするだけでなく、趣味としても料理に生かすことができます。

普段の料理に適切なスパイスを選択できるようになり、お店で食べるようなプロの味を出せるようになります。また、スパイスを効果的に利用することで、新陳代謝を上げるなどダイエット効果も期待できます。

味付けとしてだけではなく、効能についても学ぶことができます。

どのような仕事につけるのか

スパイスに関する幅広い知識を生かし、スパイスの良さや使用方法、効能、料理、健康、美容を教えるカルチャースクールやセミナーの講師として活動できます。自宅で料理教室を開くという選択肢もあります。

資格認定証を発行する事ができるため、お客様に対し能力を証明するのに役立ちます。

もちろん、ジャンルを問わず飲食店、レストランやカフェ、食品メーカー、香辛料メーカーなどに対し、履歴書や面接などでアピールすることができます。

どのような通信講座があるか

スパイスインストラクターの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング

スパイス香辛料アドバイザー資格取得講座は、スパイス香辛料アドバイザーだけでなくスパイスインストラクターの2資格に対応した内容です。

この講座は、通常の講座と、協会指定のスペシャル講座の2種類があります。

通常の講座は、講座終了後に自分で試験に申し込み、受験する必要がありますが、スペシャル講座は卒業課題を提出すると同時に試験免除で2資格を同時取得できます。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は通常講座が59,800円スペシャル講座が79,800円です。分割払いにも対応しています。

学習サポートとして、専属のスタッフが質疑応答に無制限で対応しているため、安心して学習に取り組めます。

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンのスパイス講座も、スパイスインストラクターだけでなくスパイス香辛料アドバイザーの2資格に対応した内容です。

基本コースと、協会指定のプラチナコースがあり、プラチナコースでは卒業課題を提出することによって試験免除で同時に2資格を取得することができます。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は基本コースが59,800円プラチナコースが79,800円です。分割払いも可能です。

学習中わからないことがあれば、プロの指導者に個別で質問することができるため安心です。

スパイス&ハーブコンサルタント

スパイス&ハーブコンサルタントについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する認定制度です。

スパイスおよびハーブの特性から料理への活用、また美容や健康へのアプローチや食以外の活用法まで幅広い知識を持ち、楽しみながら生活に取り入れることを目指す資格です。指定の講座を受講した上で認定試験に合格すると、スパイス&ハーブコンサルタント資格を取得することができます。

家庭で使いやすく、手に入れやすい50種のスパイス・ハーブに絞られているため、生活に取り入れやすいことが特徴です。

旧名称はスパイス&ハーブマイスターです。

受験料

教材・認定証・検定受験料・資格発行・サポート費用込みで34,000円です。

不合格になった場合に限り、再受験料1,500円が必要になります。

申し込み方法

いつでも申し込むことができます。

協会指定のformie(フォーミー)のホームページで講座申し込みを受け付けています。

日本能力教育促進協会では受け付けていません。

受験方法

ネット受験となります。

講座申し込みの後、マイページからいつでも試験を受けることができます。スマホでも受験可能です。

試験会場へ出向くことが無く、いつでも受験でき、さらに答案を郵送する手間もないので、仕事や家事育児などでなかなか時間が取れない方も受けやすいです。

試験結果がその場ですぐわかることも魅力です。

受験資格の有無

協会指定の認定機関formie(フォーミー)が行う、スパイス&ハーブコンサルタント資格取得講座を申し込んだ方であれば誰でも受験できます。

合格基準

80%以上の評価で合格となります。

資格取得のメリット

スパイス・ハーブの幅広い知識を生かし、毎日の料理でおいしく、美容・健康維持も兼ねるなど、生活に楽しくスパイス・ハーブを取り入れることができるようになります。

男性の薄毛対策、女性の美肌の悩みのためのスパイスなど、ナチュラルケアのスキルを学ぶことができます。

食だけではなく、入浴剤や消臭剤、様々な雑貨まで、安心・安全に手作りできるようになります。

ホームパーティーをされる方にとっても、スパイス・ハーブを効果的に使ったワンランク上の料理は喜ばれ、最高のおもてなしをすることができるでしょう。

実用性が高いことが魅力です。

どのような仕事につけるのか

自宅で料理教室を開く際、ただ料理を作るだけではなく、スパイスやハーブの効能を効果的に取り入れられる教室として他と差別化することができます。

食・美容・健康に関するライターとしての活動も注目されています。

もちろん、ジャンルを問わず飲食店、レストランやカフェ、食品メーカー、香辛料メーカーなどに対し、履歴書や面接などでアピールすることができます。

どのような通信講座があるか

スパイス&ハーブコンサルタントの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

formie(フォーミー)

現在、formie(フォーミー)でスパイス&ハーブコンサルタント資格取得講座に申し込む以外で取得することはできないため、この講座の受講は必須となります。

平均受講期間は約1ヶ月、受講料は34,000円です。教材だけでなく、受験料やサポート込みの価格です。分割払いも可能です。申し込み後7日以内であれば全額返金される返金保証が付いています(ただし、振込手数料として一律300円が必要です)。無料体験を申し込むこともできます。

Web教材のため、スマホでいつでも勉強することができるのが特徴です。通勤通学や家事の合間のスキマ時間を活用して勉強することができるので、無理なく学習できます。

受講期間中(180日間)はメールサポートを受けることができるため、学習中にわからないことがあっても安心です。

また、合格者限定で、独立やイベントを開催するのに便利なノウハウをまとめた特典教材を無料でプレゼントしていただけます。ホームページや名刺のサポートなど、合格後のサポートが充実しています。

薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーターについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

本草薬膳学院(中国薬膳研究会が認める日本の教育機構)が認定する認定制度です。

中医学(中国伝統の医学)や薬膳学の知識を学び、効果的な薬膳の組み合わせを考えられる方が認定される資格です。

指定の講座を受講した上で認定試験に合格すると、薬膳コーディネーター資格を取得することができます。

薬膳の根本である「中医学」と「食薬」を学び、健康な体作りに貢献することができます。

薬膳コーディネーターの資格を取得すると、さらなるステップアップを目指す方のために、北京中医薬大学提携校の「本草薬膳学院」への編入が可能です。一部学費の割引があります。

受験料

教材(テキスト、DVD、レシピ集)・副教材・認定試験受験料・サポート費用込みで44,000円です。

申し込み方法

いつでも申し込むことができます。

ユーキャンのホームページで講座申し込みを受け付けています。

本草薬膳学院では申し込みを受け付けていません。

受験方法

在宅受験となります。

講座の最終課題が「認定試験」のため、会場に出向く必要がありません。マークシート形式の試験です。答案は郵送による提出となります。

受験資格の有無

ユーキャンの薬膳コーディネーター講座を申し込み、3回の添削課題を提出済みの方であれば誰でも受験できます。

合格基準

60%以上の正解で合格となります。万が一不合格となっても、再々試験まで受験可能です。

合格基準が低めに設定されており、再々試験まで保証があるので安心です。

資格取得のメリット

中医学と薬膳の基本が身に付きます。

ご家族の健康が気になる方は、普段の食事に薬膳を取り入れることで、自然に体質改善を目指すことができます。薬膳といっても、スーパーなどで手に入れやすい食材を使ったレシピもあるので、手軽に食生活に取り入れることができます。

料理のレパートリーも増え、その上健康や美容にもよく一石二鳥です。

体の不調に合わせた症状別のレシピや、季節に合ったレシピなど、100種類のレシピを学ぶことができます。

中医学の理論から学べるため、薬膳をより理解することができます。

いきなり薬膳学校で学ぶのはハードルが高いので、資格を取得しつつ薬膳の基本を学んでみたいという方にもおすすめです。

どのような仕事につけるのか

飲食店などで、薬膳を生かしたメニュー開発ができるようになります。

飲食、食品業界で、薬膳の知識を持っていることをアピールすることができ、履歴書や面接で内容に差が付きます。

飲食だけでなく、介護施設・高齢者施設などで、薬膳を利用した薬に頼らない食事・健康指導をすることもできます。

薬膳料理を売りにした飲食店、レストラン、カフェ経営や、料理教室の開催など、独立起業の助けとなる資格でもあります。

どのような通信講座があるか

薬膳コーディネーターの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

ユーキャン

ユーキャンの薬膳コーディネーター講座にて資格取得できます。

標準受講期間は約4ヶ月、受講料は44,000円です。分割払いも可能です。

教材だけでなく、受験料や副教材、サポート込みの価格です。

4ヶ月で終わらない場合でも、受講開始から12ヶ月間は指導サービスを受けることができます。

教材は、テキスト・DVD・レシピ集・副教材と充実しているのが特徴です。副教材は、おかゆを煮るのに便利な行平鍋や、健康状態のチェックができる舌診ボード、ハンディサイズの薬膳用語集です。(行平鍋はIH非対応のため注意してください)

さらに、レシピ集では100種類の料理をフルカラーで掲載していたり、DVDで料理のポイントが解説されていたりするため、文字だけではわかりにくい火加減なども理解しやすくなっています。学習中のサポートとしては、メール・郵送での質問を受け付けています。

薬膳マイスター

薬膳マイスターについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

和漢薬膳食医学会が認定する認定制度です。

正式名称は「和漢薬膳師」旧名称は「国際薬膳食育師」です。

難しいイメージのある薬膳に、おいしさと作りやすさをプラスした新しい日本型薬膳「和漢膳」を提案しており、毎日の食生活に気軽に薬膳を取り入れられるようになる資格です。

指定の講座を受講した上で認定試験に合格すると、薬膳マイスター資格を取得することができます。

薬膳の基礎理論、食材と生薬の効果と効能、東洋医学、季節の薬膳、美容・アンチエイジング、症状別の和漢膳メニューなどが学べます。

さらなるステップアップを目指す方のために、上位の資格となる和漢薬膳食医2級、1級、特級が用意されています。ただし、上位資格については東京都内で開催される講習の受講が必要です。

受験料

教材(テキスト、DVD、レシピ集)・認定試験受験料・サポート費用込みで37,800円です。

学会経由で申し込みをすると10%割引(34,020円)となります。

申し込み方法

いつでも申し込むことができます。

がくぶんもしくは学会のホームページで講座申し込みを受け付けています。

受験方法

在宅受験となります。

講座最後の課題(第4回目課題)が「修了認定試験」のため、会場に出向く必要がありません。

答案は郵送による提出となります。

受験資格の有無

がくぶんの薬膳マイスター養成講座を申し込んだ方であれば誰でも受験できます。

合格基準

70点以上の成績を収めた方が合格となります。

資格取得のメリット

身体の機能に働きかける食材・メニューを知ることで、日々の料理を通して体調不良を改善したり、美容・ダイエットに役立てたりすることができます。

和漢膳や東洋医学の知識により、新しい視点で食事と健康を考えることができるようになり、食生活の改善に繋がります。

レシピも豊富で、和洋中スイーツと、身近な食材を使ったレシピを学べます。

薬に頼らずに、食を通して健康になりたい方、ご家族の健康が気になる方にもおすすめです。

また、薬膳指導の第一人者である板倉啓子先生が講師・監修のため、薬膳を学ぶモチベーションを維持しやすいのも魅力のひとつです。

どのような仕事につけるのか

和漢膳(薬膳)料理教室の開催、講演活動、フードコーディネーター、飲食店でのメニュー開発、カフェ経営、医師や薬剤師の方の症状別和漢膳食事指導、美容サロンでの健康アドバイスやエクササイズ指導などでの活動が可能です。

薬膳マイスターは栄養士や調理師の免許がなくても活動できます。

和漢膳(薬膳)の知識を生かしたメニューは、食と健康に注目が集まる今、お店のアピールポイントとすることができるでしょう。

就職・転職においても、食品・健康・医療・介護関係の仕事に進みたい方は、履歴書に資格として書くことができ、薬膳の基礎知識があることを証明することができます。

どのような通信講座があるか

薬膳マイスターの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

がくぶん

がくぶんの薬膳マイスター養成講座にて資格取得できます。

標準受講期間は約4ヶ月、受講料は37,800円です。教材だけでなく、受験料やサポート込みの価格です。分割払いも可能です。

4ヶ月で終わらない場合は無料で6ヶ月延長できます。それ以降の延長は有料となります。(12か月で6,480円)

早い方であれば2ヶ月ほどで資格取得が可能です。

教材は、テキスト・DVD・レシピ集と充実しているのが特徴です。特に、DVDで調理過程が確認できるため、楽しくわかりやすくレパートリーを増やせます。学習中のサポートとしては、メール・FAXでの質問を受け付けています。

添削指導は時間をかけて親切、丁寧にしていただけると評判です。

資格を取得した後の、修了証、薬膳マイスター認定証、認定カードの発行にはそれぞれ料金が必要となります。上記すべてを発行するためには15,984円必要です。(手数料込)