ねぎ味噌酢とは

ねぎ味噌酢とは、長ねぎの青い部分を細かく刻んですり鉢に入れ、酢味噌を加えてよくすり潰した調味料のことです。酢味噌に砂糖を加えたタレをぬたと言います。

ねぎ味噌酢の栄養価

長ネギ

ねぎ味噌酢で使われる長ネギの青い部分には、白い部分よりもカロチンやビタミンが多く含まれています。長ネギの白い部分は通常土に埋もれており、青い部分のみ太陽の光を浴びているため栄養価が高いのが特徴です。青い部分には抗酸化作用があり、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があります。

味噌

大豆を発酵させて作る味噌には、リノール酸が豊富に含まれているので、メラニンの生成を抑える作用があり美容に効果的です。大豆サポニンには代謝を促進し、血管や細胞などの老化予防やガン予防など生活習慣病にも効果があります。

酢酸発酵させて作る酢には、アミノ酸が豊富に含まれており疲労回復に効果的です。酢酸は体内でクエン酸に変化し、クエン酸には筋肉痛やアンチエイジングなど老廃物の排出を促進させる働きがあります。また、血糖値の急激な上昇を穏やかにする働きがあるため、ダイエットにも効果があります。

上記のことから、ねぎ味噌酢にはコレステロールを抑制し、動脈硬化や老化を予防する健康効果だけでなく、肌のキメを整えアンチエイジングなどの美容効果にも期待できる調味料ということが言えます。

ねぎ味噌酢の使い方

鶏肉や豚肉、さわらやブリ、タラなどの白身魚、ナスや木綿豆腐などの表面に塗って焼くと、味噌の焦げた香ばしい匂いが食欲をそそる一品が出来上がります。江戸時代には、ねぎ味噌や生酢を刺身のタレとして食べていたので、ねぎ味噌酢をつけて刺身を食べる粋な食べ方もおススメです。ワカメやワケギ、貝類やイカなどと和えたり、冷奴の上にのせても美味しいです。ごま油を足せば和風ドレッシングとしても使え、濃度を変えればソースとしても使うことができます。多めに作っておけば、和食料理で一品足りない時に手軽に使える万能調味料として重宝できそうです。

まとめ

普段捨ててしまいがちな長ネギの青い部分は、ネバネバしており、白い粉状のものが付着しているので食べれるのか不安になります。このネバネバ成分はフルクタンという成分で免疫力を作る作用があります。インフルエンザ予防にも効果的です。また、白い粉状のものは農薬ではなく、ブルームという分泌物です。食べても問題ありません。ねぎ味噌酢を作る際、長ネギの農薬が心配な方は、無農薬や減農薬、有機野菜のものを選ばれてみてはいかがでしょうか。