アスパルテームとは

日常的に食べるお菓子や飲み物の成分表で「アスパルテーム」という文字を見たことはありませんか?これは人工的に作られたアミノ酸由来の甘味料の一種です。
砂糖に似た味ですが、砂糖(スクロース)の100倍から200倍甘いとされており、カロリーゼロを謳う清涼飲料水・アルコール、飴やガムなどのお菓子にもよく使われています。
また、家庭で手軽に使える甘味料として味の素株式会社から「パルスイート」という製品が販売されていますが、この製品にもアステルパームが含まれています。数多くある人工甘味料の中でも特に身近な甘味料であるといえますね。

アステルパームの歴史

アステルパームが発見されたのは1965年、もう半世紀以上前のことになります。アメリカの「サール薬品」が胃から分泌されるガストリンというホルモンを研究中に発見、開発しました。その後さらに研究と開発が進み、現在の製法を味の素株式会社が生み出しました。
当初は人工甘味料ということでその安全性について疑問の声が多く上がりましたが、アメリカの政府機関による審査では摂取されたアスパルテームの成分の大部分はそのまま体外に排出されるため、通常食事で摂取する量では毒性はないとされています。
また、健康な人にはアステルパームによるアレルギー反応は起こりませんが、フェニルケトン尿症の患者の人には危険性がある恐れがあります。しかし、フェニルケトン尿症は先天的な病気であり、尚且つ約8万人に1人の割合で発症する極めて稀な病気です。多くの人はアステルパームによるアレルギー反応は起こらないと考えていいでしょう。脳腫瘍との関連や発がん性に関しても試験をクリアしており、問題はないとされています。

アステルパームの使い方

砂糖の代用品として使います。コーヒーや紅茶を日常的に甘くして飲む人にオススメ。
また、砂糖を多く使う料理、特にあんこやジャムにはうってつけです。甘いもの以外にも、胡麻和えや煮物も意外と砂糖を多く使いますから、そういった料理を作る際にもいいですね。
ダイエット中だと甘いものを控えなければいけませんが、アステルパームは砂糖よりも低カロリーなのでダイエットの強い味方だといえます。

まとめ

人工甘味料を危険視する声も少なくはありませんが、どんな食品だって危険な部分というのはどこかしらあるはず。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」といいますが、アステルパームのみに限らず、どれほど栄養豊富な食品であっても大量に摂取していれば身体に害を及ぼします。様々な食品と上手に付き合いながら健康的な生活を送っていくのが望ましいですね。