ウスターソースとは

醤油やコショウ、ワサビなどと一緒に調味料棚に並んでいることが多いウスターソース。お好み焼き・たこ焼き・焼きそばの所謂「粉もの」に使うほか、とんかつ・コロッケ・メンチカツ・エビフライなどの揚げ物にかけたり、日本の食卓には欠かせない調味料ですね。目玉焼きにソースをかけるという方も多いのではないでしょうか。
とんかつソースや中濃ソースなど、そのご家庭によって「いつものソース」は違うかと思いますが、関西圏にお住まいの方は特にウスターソースを好んで使っているご家庭が多いようです。カレーライスにソースをかけて食べるという食べ方も、実は関西ならではの食べ方で関東ではあまり見られません。

ウスターソースの歴史

黒に近い焦げ茶色で独特の香ばしさが特徴ですが、ウスターソースの材料がどんなものであるか知っている方は少ないのではないでしょうか。ウスターソースはたくさんの野菜と果物、香辛料から作られています。
19世紀初め、イギリス・ウスターシャー州の節約上手な主婦が偶然発見されたとされています。彼女は毎日の食事のたびに出る野菜の切れ端や、果物の余りなどをうまく活用できないか考えていました。食材の余りを保存ができるように香辛料や塩、防腐効果のあるお酢などとあわせて壺に入れ貯蔵していた結果、熟成を重ねたウスターソースが出来上がったのです。
日本にウスターソースがやってきたのは明治時代。発売された当時は酸味と香辛料の香りが受け入れられなかったものの、日本人好みに味が改良されていったこととあわせて、日本の食文化が徐々に洋風化していったことが影響し、?油と並ぶ定番の調味料として普及していきました。

ウスターソースの美味しい食べ方

完成している料理の味付けにかけるだけがウスターソース…ではありません。ハンバーグソースやミートソース、カレーやビーフシチューに隠し味として入れるだけでもグッと味に深みが出ます。
いつもの野菜炒めの味付けにウスターソースを使えばご飯がすすむ野菜炒めに。
また、玉ねぎ・トマトなどの香味野菜やナツメグ・シナモンなどのスパイスと一緒に煮込めば手作りすることもできます。レシピによってはマンゴーやリンゴ、プルーンなどの果物を加えたりするようです。果物の量を増やし、スパイスの量を減らせばお子様でも食べやすいソースになりますね。

まとめ

ウスターソースは今ではなくてはならない調味料ですね。手作りソースも煮沸消毒したビンで一か月ほど保存できるようなので、これを機会に作ってみるのはいかがでしょうか。