オイスターソースとは牡蠣のだし汁が主原料となり作られる調味料です。牡蠣のだし汁を加熱濃縮し、小麦粉、でん粉で濃度調節します。更に、砂糖、旨味調味料などを加え、アミノカラメルで色を調節して出来たのが、オイスターソースです。ビタミンB12を多く含むため、脳細胞・脳神経の再生・修復といった、脳や神経系の症状を緩和する働きがあると言われています。塩分が多いので気を付けなければなりませんが、免疫力をあげる効果もあるため、適度な摂取は効果的となります。

広東料理で多用される濃厚調味料の決め手は、牡蠣のだし汁

オイスターソースは、中国の広東省より伝わった、広東料理でよく使われる調味料です。中国では、牡蠣を生で食べる習慣はなく、塩ゆでし日干しした、干し牡蠣として食べられていました。1888年に、李錦裳によって塩ゆでした際に出るだし汁に旨味成分が含まれていることが発見され、濃厚な調味料を作る方法を発明しました。その後、香港やマカオなどに広がり、現在では世界各国で幅広く利用されています。他、タイラギの貝柱を加えたグレードが高い製品も販売されています。

日本料理に隠し味として多用可能

元々は中国が発祥となり、多用されていたオイスターソースですが、日本料理にも隠し味として入れると、牡蠣の濃厚な旨味が出て、日本の調味料のみで作ったときと違った風味が出ます。煮こみ料理に、魚介類を入れて出汁をとる事がありますが、それはオイスターソースで代用できます。カレーやおでんなどが例です。
他、炒め物にも使用でき、通常の肉野菜炒めに、塩・こしょうでなくオイスターソースを使用すると、牡蠣の旨味によって濃厚な味わいとなるのです。

これで中国料理も自宅の一品に…

夕食のボリュームのあるメニューにも多用出来るオイスターソースですが、日本でよく食べられている中国料理、中華丼やチンジャオロースなどに入れている調味料でもあるので、旬の野菜を使用して、自宅で作る事も出来ます。出来の元を使わなくても、自宅にある醤油、酒、砂糖…などで1から作れます。
他、マヨネーズとの相性が良く、オイマヨ炒めとして野菜炒めにするのがまろやかさも出て美味しいです。ただ注意しなければいけないのは、量を注意することです。メーカーにもよりますが、入れすぎると味が濃くなってしまいます。1人分の量に2~3滴くらいが目安でしょうか。割と構えなくても、何に入れても美味しく感じます。スープなどに魚介類の代わりとして入れる事もあります。入れすぎないように注意して、色々な調味料に隠し味として使用してみてください。