カラメルとは

焦げ茶色で独特の香ばしさと甘さ、ほろ苦さがある液体もしくは粉末で、水と砂糖を熱して作ります。別名「焦糖(しょうとう)」。
出来上がったカラメルに水を加えてのばしたものがカラメルソースで、プリンの相棒のような、なくてはならない存在ですね。
コーラ類やタルトタタン、ドボシュトルテなどの洋菓子にもカラメルが使われているほか、「カラメル色素」という着色料にもなっています。

カラメル色素とは

カラメル色素は着色料の中で使用量が最も高く、世界各国で様々な食品に使われています。
着色するだけではなく、コクや香り、苦みなどを加える役割もあります。パンやクッキーを焼いたときに自然にできるキツネ色も、味噌や醤油が醸造で時を重ねることによって色が濃くなることも、自然にカラメルが生じて起こるものです。
食品の他には飲料、医薬品、化粧品にも用いられています。

カラメルの歴史

欧米では古くから一般家庭で砂糖を熱して作るカラメルが様々な料理に使われていましたが、19世紀を迎えると、各食料品メーカーがカラメルを生産し、お菓子やビールなどの飲料に利用され始めました。
日本にカラメルがやってきたのは明治初期、ドイツから初めて輸入されました。それから間もなく、日本でも砂糖を使ったカラメルの製造販売が始まりました。
大正時代から昭和初期までは、カラメルは主に醤油・ソースなどの調味料や佃煮に利用されていましたが、昭和30年代以降、経済成長とともに日本の食文化にも変化が訪れ、食の洋風化・多様化が進みます。それに伴って多くの加工食品が生まれ、カラメルの用途が幅広く増えてゆきました。そして、日本国内の食品産業の発展とともに、カラメルは様々な食品や飲料などに利用されるようになったのです。

カラメルの使い方

家庭ではカラメルソースとしてプリンにかけるのが一般的かと思いますが、カラメルのコクと独特の香りは様々な料理の隠し味として使うことができます。煮物やカレーに小さじ一杯程度加えるだけで簡単に味に深みを出すことができるので、長時間煮込む手間が省けます。それに砂糖と水だけで簡単に作れるのもカラメルの良いところですよね。

まとめ

カラメルを手作りする際に、はねるのが怖いという方は電子レンジでも簡単に作ることができます。マグカップなどの底が深い容器であればレンジ内が汚れる心配もないのでオススメです。
アイスクリームにかけたり、パンにかけたり、泡立てた生クリームにカラメルソースをかけて、コーヒーに…カラメルの色々なアレンジレシピを考えるのも楽しいですね。