グラニュー糖とは

サトウキビやテンサイなどの糖分を結晶化させた甘味料で、世界で最も使用量の多い砂糖です。
別名「カスターシュガー」、「キャスターシュガー」。
上白糖と同じと思われがちですが、グラニュー糖と上白糖は厳密には別の種類です。

グラニュー糖と上白糖の違い

同一視されがちな2種類ですが、それぞれの特徴と性質に違いがあります。
また、グラニュー糖と砂糖で粒の大きさが異なり、大匙1杯あたりのグラム数も変わってくるため、代用する場合には注意が必要です。

グラニュー糖

諸外国では砂糖といえばグラニュー糖を指します。
砂糖の主成分であるスクロース(ショ糖)が99.9%という高い割合であるため、サラサラとしていて溶けやすいので、ゼリーやアイスなどの冷たいお菓子を作る際に最適です。味わいはすっきりとしていて、クセがないので、香りを楽しみたいコーヒーや紅茶に甘さを加えるときによく使われています。
吸湿性が少ないので保存中もダマになりにくく、焼き菓子の場合はサックリとした軽い口当たりに仕上がるので、ビスケットやスポンジケーキを作る場合にはグラニュー糖の方が向いています。
また、焼き色が上白糖よりも付きにくいので、食紅や食材の色を活かしたい時はグラニュー糖を使うのがオススメです。

上白糖

日本ならではの砂糖で、上白糖を使っているのはアジアのごく一部の地域であるとされています。
転化糖液というブドウ糖と果糖の混合物を振りかけて作るため、吸湿性が高くしっとりとしており、コクのある強い甘みを持ちます。
焼き菓子に使うとしっとりとした焼き上がりになり、こんがりとした焼き色がはっきりとつくので、カステラを作る際には上白糖がオススメです。クッキーやスポンジに使っても勿論問題はありませんが、表面が焦げ付きやすいので焼き加減に注意が必要です。上白糖を使う場合は洋菓子よりも和菓子が向いていると言えます。

グラニュー糖と健康

グラニュー糖の主成分はスクロースですが、摂りすぎると肥満や様々な病気の原因となります。
スクロースの健康に及ぼす影響の一つとして代表的なものが虫歯です。虫歯菌がスクロースを材料として歯のエナメル質や象牙質を破壊する酸を作り出すためです。
摂取量には注意して甘いものを食べた後には歯磨きを心掛けるようにしたいですね。

まとめ

グラニュー糖と上白糖はそれぞれ代用することも可能ではありますが、料理の仕上がりに差が出るので、使い分けができるといいですね。