ゴマ油とは

生あるいは焙煎したゴマを圧縮して絞った油のことです。
日本で販売されているもののほとんどは焙煎後に加工したものが多く、茶色で食欲をそそる独特の香りがあります。
ゴマの香ばしさや色を活かすために、ろ過以外の精製を加えられることは滅多にありません。逆に透明なもの、ほぼ無色であるものは焙煎されていないゴマから抽出されており、脱臭・脱色の精製がされているため、焙煎済みのものと比べると香りは弱いものの、ゴマ特有の味わいは残っています。市販のもので、太白油や生絞り、白絞りと商品名につくものは焙煎されていないゴマ油に該当します。
また、「ゴマリグナン」という成分中の「セサミン」は、肝臓の機能を高めるとされています。その他「セサミノール」という抗酸化成分が豊富に含まれており、ガンを予防する効果が期待できるとされ、近年注目されています。

白ゴマ油・黒ゴマ油

ゴマ油を製造する際には白ゴマが用いられることが多く、白ゴマより外皮が固く油分の少ない黒ゴマを使ったゴマ油は一般的ではありません。
しかし、僅かながら黒ゴマを使ったゴマ油もあります。白ゴマのゴマ油よりも香りが強く、黒絞りという名で販売されていることが多いようですが、外皮の色は油の色に影響されないため、白ゴマのゴマ油との区別化を図るためにつけられていると推測されます。

ゴマ油の歴史

現在、食用・外用問わず植物油は数多くありますが、植物油として生産されたのはゴマ油が最初だといわれています。インダス文明では、既に様々な用途にゴマ油が使われていたことが分かっています。
鎌倉時代前期、日本ではエゴマから油を作製・使用していましたが、大山崎油座(おおやまざきあぶらざ)による独占販売の影響で、灯火用の代替品としてでゴマ油が使われていました。

ゴマ油の使い方

中華料理には欠かせないゴマ油。様々な料理や調味料に一たらしするだけで一気に中華風に早変わりするのでお手軽です。
また、インドの伝統的医療アーユルヴェーダでは純度の高い太白油がマッサージやうがいなどに使われています。香りが少なく、色もつかないため使いやすいのだそう。太白油を使ったうがいであれば手軽に試すことができそうですね。

まとめ

アレンジメニューとして意外に人気なのが「卵かけご飯」にゴマ油を少しかけるというもの。ゴマ油と一緒に味のりをチョイ足しすると、香ばしさが上がっていつもの卵かけご飯よりグッと美味しくなるのだとか。
生野菜に回しかけて塩を振るだけでも美味しく食べられるので、常備しておきたい油の一つですね。