ゴマ醤油とは

すりゴマを醤油やみりん、酒などと合わせた合わせ調味料のことです。
使われるゴマは白ゴマがほとんどですが、場合によっては黒ゴマも用いられます。
すりおろしたショウガや刻んだネギなどが加えられる場合もあり、お刺身や和え物、冷奴にかけて食べられます。

福岡の郷土料理「ごまさば」

ごまさばと聞くと鯖の種類を思い出しますが、福岡の郷土料理には鯖を使った「ごまさば」という料理があります。鯖といえば、鯖味噌などの煮魚や、塩焼きにして食べるイメージがありますが、福岡方面でとれる鯖は寄生虫の心配がないため、生食可能となっています。
ごまさばはその日とれた新鮮な鯖を捌いて生のまま調理した、福岡ならではの郷土料理です。
新鮮な鯖の身を食べやすく細切りにし、ショウガや青ネギと一緒にゴマ醤油で和えて、半日ほど置き、味を染み込ませて漬けにします。
そのまま食べても十分美味しいのですが、ご飯の上にのせて丼にしても良いですし、包丁で叩いてなめろうにしても良いですね。お酒の締めとして、ごまさばのお茶漬けも美味しそうです。
また、なめろうにしたごまさばをつみれにして鍋に入れても、鯖の出汁が出て、美味しく食べられます。
関東方面では生食可能な鯖を入手するのが難しいですが、お店によってはごまさばを提供しているところもあるので、見かけたらぜひ一度食べてみて下さいね。

ごま醤油の使い方

ごまさばのように魚の漬けにするときにゴマ醤油を使うと、ゴマの香ばしさが魚の美味しさを引き立ててくれます。赤身、白身、両方に使えるのでその日買ったお刺身でできるのが手軽で良いですね。
青菜の和え物は勿論、出汁を加えれば素麺やざるうどんのつけダレにもなります。野菜との相性も良いので、サラダうどんのタレとして使えば、ゴマの香りで食欲が刺激されて、夏バテで食欲のない時期でもツルツルと食べられそうです。
お肉とも相性が良いので、豚しゃぶのタレや、ゴマ醤油にショウガを多めに入れて生姜焼きにするのも良いですね。
また、ゴマ油を加えることでさらにゴマの風味が増して中華風になるので、ニラのおひたしやナムルなど作る時にはゴマ油を加えるのがオススメです。

まとめ

ゴマ醤油ドレッシングや、ゴマ醤油味のお煎餅やスナック菓子が販売されていたりするなど、ゴマと醤油の組み合わせは日本人好みなのかもしれません。
ゴマと醤油の香ばしさがうまく活かされたゴマ醤油、ぜひご家庭でも作って様々な料理にアレンジしてみてくださいね。