シーユーダム

シーユーダムとは

シーユーカオとは主にタイで製造、利用される調味料であり、タイの料理ではなくてはならない調味料のひとつであります。主な原料は大豆が使用されているため魚醤などのように癖のある臭みはありません。

シーユーダムの特徴

シーユーダムの特徴といえば日本の?油と同じような風味・旨みがあるので、私たち日本人でも馴染みやすい、利用しやすいタイの調味料のひとつであることが特徴のひとつです。ただし、砂糖を加えているので濃口醤油に甘みを持たせたような調味料です。

原料も主なものは大豆でそのほかには小麦粉や塩、砂糖が使用されています。原料をみればわかりますが、大豆・小麦などのアレルギーが出現する可能性があります。

日本の?油と似ているといいましたが、薄口?油や再仕込み醤油というよりもやや濃口醤油に近いのも特徴のひとつです。シーユーカダムが日本の濃口醤油であるとすれば、シーユーカオという調味料がタイにはありますが、このシーユーカオは薄口醤油と同じようなものです。

シーユーダムのつくられ方

シーユーダムは日本の?油の製造方法と似ているというよりもほぼ同じような工程を経て製造されています。シーユーダムに限らず、日本の?油と同じような調味料は日本以外でも各地で製造されています

シーユーダムの製造はまずは大豆をしっかり蒸し煮させるところから始まります。製造業者によって異なるところではありますが大豆と小麦粉を同時に蒸し煮するところもあれば大豆を蒸し煮した後から小麦粉を蒸し煮して混ぜ合わせるところもあります。その工程を経た後は食塩水をしっかり混ぜ合わせて砂糖も混ぜ合わせます。そのまましばらくねかせることで発酵し、タンクの底から液体がたまっていきます。この溜まった液体がシーユーダムです。

シーユーダムの使い方

シーユーダムはタイではおもに炒める料理であったり煮物のように過熱をする場合のみに利用されているようです。日本でも入手可能な調味料であり、醤油の代わりとしてしようすることもできるので、日本では豚肉ロースとガーリック炒めやタイ風のチキンライス、野菜と卵の炒め物のような炒め物や煮物に限らず、焼き魚などの味付けとしてもりようされています。もちろん野菜炒めにも相性がいいですし、日本国内ではあまり流通している調味料ではないのでチャーハンなどの隠し味としても最適です。

まとめ

シーユーダムは濃口?油に近い調味料ということなので私たちでも比較的利用しやすい調味料のようですね。スーパーなどではなかなか見かけることはありませんが、どのような調味料なのか見当もついたのでとくにタイ料理には使用してみてもいいかもしれませんね。