タマリンド・ペーストとは

タマリンドとはマメ科チョウセンモダマ属の常緑樹で、赤色の筋が入った黄色い花を咲かせた後に10cm程度のソラマメに似た形状の実をつけます。サヤの中に種子が入っており、果肉の部分が食用とされます。熟した果肉の色は紫色を帯び黒褐色で、ペースト状の果肉でサヤの中は満たされています。ほのかな甘みと酸味が強いのが特徴的なパッションフルーツの1種です。タマリンド・ペーストは、料理に使いやすいようにペースト状に加工した調味料のことで、タイ料理などで様々な料理に使用されています。

タマリンドの歴史

原産地のアフリカでは、昔からタマリンドは実だけでなく、樹皮や葉も区民薬として利用されてきました。果肉には、整腸作用や解熱効果、樹皮には止血や鎮痛、強壮作用に効果があり、葉をすり潰した汁には関節の炎症や目の痛みに効果があると言われおり、インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダにも古代から伝わり重宝されています。

タマリンドの効果・効能

タマリンドは健康効果だけでなく、アンチエイジングなどの美容にも効果がある万能フルーツです。タマリンドにはクエン酸の一種が含まれており、疲労回復効果のほかにも、脂肪の蓄積を防ぐ働きがあるため、コレステロール値を下げ、血糖値を正常に保つ効果があります。また、抗酸化作用があるので、皮膚や内臓などの老化防止にも効果が期待できます。タマリンドの果肉に含まれているカリウムや鉄分には、高血圧予防や貧血予防にも効果あり、豊富に含まれる食物繊維には整腸作用があるので、腸内環境を整えてくれます。

タマリンド・ペーストの使い方

エスニック料理には欠かせない自然派酸味料がタマリンドペーストです。料理に加えることで、コクのある甘酸っぱい酸味を与えてくれます。輸入食材店や大きめのスーパーなどで手に入れることができます。タイ料理を作って、一味何か物足りないときにタマリンドペーストを加えることで、フルーティーな酸味が料理の味をまとめてくれます。揚げ物のソース、サラダのドレッシング、カレーや炒め物など、普段の料理にプラスすることで本場の味を再現することができる調味料です。

まとめ

タマリンド・ペーストは料理の他にも、風邪などで喉が痛いときに、タマリンド・ペーストを水で薄めたタマリンド水でうがいをすると喉の痛みが和らぎます。タマリンドは、梅と柿を足したような味です。エスニック料理が苦手な方でも、タマリンド・ペーストは、ジャムとしてスイーツにも使うことができるので、美容や健康効果に優れているタマリンド・ペーストは家に常備したい調味料です。