パンプキンシード油とは

パンプキンシード油とは、ペポカボチャや西洋カボチャの種をローストし圧搾・抽出したオイルのことで、色は黒っぽい濃い緑色をしています。甘く香ばしいナッツの香りが特徴的なオイルで、パンプキンシード油を1リットル絞るのに約35個のカボチャが使われています。パンプキンシード油は、栄養価が高いことからスーパーフードと言われています。原料となるペポカボチャは実は食べず、種のみを使うカボチャで日本ではハロウィンのお祭りのときに使われています。

パンプキンシード油の歴史

かぼちゃは1万年前から存在していたと言われ、パンプキンシード油はオーストリアのシュタイヤマルクの伝統油です。南シュタイヤマルクのワグナの家族経営の小さな製油所によって作られていたパンプキンシード油は黒い黄金と呼ばれ、現在でもシュタイヤマルクの特産品となっています。

パンプキンシード油の効果・効能

パンプキンシード油は、ヨーロッパでは医薬品として用いられているほど栄養価が高く、サプリメントの原料にも使われています。パンプキンシード油にはビタミンA・E・C・Kなどの多彩なビタミン類とマグネシウム、カルシウムなどのミネラル、βカロチンが豊富に含まれており、オメガ3やオメガ6といったヒトの身体では合成できない必須脂肪酸も豊富に含まれています。効能としては、頻尿改善に効果あり、心臓や筋肉などの強壮、更年期障害などの女性ホルモンを整える効果も期待できます。美肌やアンチエイジング効果や中性脂肪減らす作用があるのでダイエットにも効果があります。

パンプキンシード油の使い方

パンプキンシード油はドレッシングやバターの代わりに使うことができます。短時間の加熱は可能ですが、高温には不向きなので効率よく栄養成分を摂り入れたいのであれば非加熱で摂取するのがおススメです。クセがなく甘みや風味がよいので味を楽しむことができます。料理だけでなくバニラアイスにそのままかけても美味しいですし、食べるだけでなくマッサージオイルとしても使えます。リフティング効果や妊娠線の予防に効果的です。パンプキンシード油は非常に栄養価が高いですが摂り過ぎはよくありません。成人の1日の摂取量は大さじ1杯程度とされています。またマッサージオイルとして使用する場合は、パンプキンシード油は酸化しやすい油のため、肌を傷めてしまう可能性があるので酸化に強いホホバオイルと混ぜて使うようにしましょう。

美容にも活躍

健康にも美容にもいいパンプキンシード油は、お好みのナッツやフルーツと一緒にヨーグルトにかけて毎朝食べる習慣をつけてみてはいかがでしょか。酸化がしやすい油なので、開封後は必ず冷暗所に保管するようにしましょう。

グレープシードオイルとは

ブドウの種を搾ってできる油のことです。
白ワインの醸造過程で出たブドウの種を乾燥させて圧縮し、油を抽出します。
イタリアやフランスなどのワインの製造が盛んなヨーロッパ地方で主に生産されています。
白ワインの製造の副産物ともいえるため比較的安価で手に入りやすい上、味や香りがほとんどないので食用以外にも様々な用途に使われます。

グレープシードオイルの効能

ブドウといえばポリフェノールが豊富に含まれていることで有名ですが、ブドウのポリフェノールは種に詰まっているため、グレープシードオイルは他の油に比べて最もポリフェノールの含有量が多いのです。
また、ブドウのポリフェノールの主成分であるプロアントシアニジンは、抗酸化物質の中でも特に強い抗酸化作用があるということが近年発表され、注目が集まっています。さらにプロアントシアニジンは善玉コレステロールが悪玉コレステロールに変わるのを防ぐ作用があり、高脂血症や動脈硬化予防になります。
さらにポリフェノールは代謝を上げて脂肪燃焼を促進させる働きがあるためダイエットに最適。普段使っている油をグレープシードオイルに変えるだけでも大きなダイエット効果が期待できます。
重ねて、ポリフェノールと併せて注目したいのはビタミンE。
グレープシードオイルはオリーブオイルの2倍以上のビタミンEが含まれているとされ、その豊富に含まれているビタミンEが酸化防止の働きをするので、グレープシードオイルには酸化防止剤が添加されていません。

グレープシードオイルの使い方

味や香りに全くクセがないので、サラダ油のように万能且つ手軽に使うことができます。
加熱に弱い種類が多い植物油の中でも特に耐熱性が備わっているため、炒め物や揚げ油としても使用可能です。
また、オイルにも関わらずサラッとしていて軽いテクスチャーであるため、スキンケア用品として使ってもべたつかず、不快感がありません。敏感肌の方でも使うことができ、保湿性も高いので乾燥肌の人でも満足できる保湿効果があります。ポリフェノール、ビタミンEともに優れた抗酸化作用とアンチエイジング効果を持ち、美肌作りに役立ちます。
しかしながらグレープシードオイルは食用と外用とで用途を分けて販売しているため購入する際には注意が必要です。また、肌トラブルを避けるためにも顔に塗る前にパッチテストを行うようにしましょう。

体内からきれいに

グレープシードオイルを生活の中に取り入れて、内側から綺麗になりたいですね。
現在ではオリーブオイルとともに陳列しているお店も増えてきたので、見かけた際には購入してみてはいかがでしょうか。