ポン酢醤油

ポン酢醤油とは

ポン酢しょうゆとは、他にも「味ポン」と言われたり「ポン酢」とも言われたりしています。これらはどれも商品名のことを指しており、これ以外にも別の商品名の物がありますが、いずれも【ポン酢しょうゆ】の種類になります。

ポン酢しょうゆとは柑橘系の果汁を使用している日本で作られた調味料のことを指します。おもに使用される柑橘類はレモン、ライム、ユズ、ダイダイ、スダチ、カボスなどです。酢酸も加えらえて味を整えていますが、これには保存という目的も含まれています。一方、酢酸を加えられていないポン酢しょうゆは「生ポン酢しょうゆ」などと言われています。

ポン酢醤油の特徴

ポン酢しょうゆの特徴としてはそのあっさりとした口あたりの柑橘系の味・風味です。中には酸っぱいと感じる人もいるようですが、いろんな料理に使用出来るのも特徴のひとつでしょう。

ポン酢醤油の歴史

ポン酢しょうゆの「ポン酢」はオランダ語の「ポンス」という言葉に由来しているそうです。このオランダのポンスというのは蒸留酒に柑橘類の果汁や砂糖・スパイスなどを混ぜたカクテルの名前だったそうです。このポンスを「ポン酢」とあてて作られた名称ということです。

ポン酢醤油のつくられ方

ポン酢醤油は柑橘系の果汁にしょうゆを加えることでつくられています。御酢・みりん・かつお節や昆布などのだし汁を加えられることもあるそうですが、そこは製造会社によって違いがあるようです。

ポン酢醤油の使い方

ポン酢しょうゆは和食で使用される調味料として、醤油ほどではありませんが幅広い料理に使用されています。水炊き鍋やしゃぶしゃぶなどのような鍋料理の付けタレとしてはもちろんですが、お刺身やカツオのタタキにも使用されます。ほかにも冷しゃぶ・冷しゃぶサラダ、あん肝でもポン酢しょうゆは活躍しています。さんまなどの焼き魚、蒸し料理、酢の物料理などにもよく使用されます。このように和食ではもちろん活躍していますが、中華料理でもぎょうざやシュウマイの付けタレとして利用されていますね。

まとめ

ポン酢しょうゆのことを「ポン酢しょうゆ」と呼んでいる人はいったいどれくらいいるのでしょうか。「味ポン」と「ポン酢」は同じものなのかという疑問を持っていた人もいるのではないでしょうか。基本的には同じポン酢しょうゆの商品名であるということなので製造会社が違って原料にも多少違いがあるということにはなるのでしょうけど、やはり同じものなのですね。