マーガリンとは

植物性もしくは動物性油脂に発酵乳や食塩などを加えて練り上げた加工食品です。
見た目は勿論、味もバターに似せているマーガリンですが大きな違いは主原料です。牛乳を主原料としているバターと違い、マーガリンの主原料は油脂であるため乳製品には分類されません。マーガリンに使われている植物性油脂は菜種油や大豆油、コーン油など、家庭で使われるサラダ油と同じ種類の油です。

マーガリンの歴史

マーガリンは1869年のフランスで生まれました。当時、フランスは隣国との戦争の影響でバターが品薄になり、国民は食生活に不便を感じていました。そこでナポレオン三世は懸賞付きで国民からバターの代わりとなるものを募集、これに採用されたのがメージュ・ムーリェという科学者が考えたものでした。牛脂の柔らかい部分と牛乳を混ぜ、乳化させて冷やし固め、バターに似せたマーガリンの原型です。その後、ヨーロッパ各地に広まり、アメリカへ。日本に渡ってきたのは明治20年頃のことで、その数年後には横浜の帝国社(現・あすか製薬)によって、国産化に成功しています。

トランス脂肪酸

バターに比べて安価であり、尚且つバターに似た風味であることから手軽に食べることができるマーガリンではありますが、トランス脂肪酸というものが含まれています。トランス脂肪酸はコレステロール値の上昇や動脈硬化など健康被害を与える可能性があると指摘されています。このことから、食品中に含まれるトランス脂肪酸の量を表記することが義務付けられたり、あわせて食品中に含まれるトランス脂肪酸の量が規制されていたりする国々があります。
現在日本ではトランス脂肪酸についての規制はありませんが、こういった他国の動きや消費者の健康に対する意識を受けて、トランス脂肪酸の量を低減する工程を取り入れて作られた商品が増えてきました。

マーガリンの使い方

バターよりも柔らかく溶けやすいのでパンに塗って食べる場合はマーガリンの方が塗りやすいです。風味はバターに劣るものの、バターにより似せたマーガリンやファストスプレッドもあるので、バターの風味が好みである方はそういったものを使うのも良いですね。
クッキーを作る場合はバターよりマーガリンで作る方が軽い口当たりでサックリと焼き上がります。但しマーガリンは酸化しやすく風味が飛びやすいので、焼き上がったらあまり時間を置かずに食べたほうがおいしく食べることができます。逆にバターでクッキーを作るとしっとり、ホロホロとした食感に仕上がり、時間を置いても味が落ちにくいので手作りお菓子をプレゼントする場合にはバターを使うのがオススメです。

まとめ

近年、バターが品薄で高価になってきたので安価で使いやすいマーガリンをうまく使って、お財布に優しい食生活を送っていきたいですね。