?ミートソースとは

ミートソースとは、下味をつけたひき肉に玉ねぎやセロリなど香味野菜を細かく刻んだものを炒め合わせ、トマトと一緒に煮込んだイタリア料理のソースのことです。イタリア語ではラグー・アッラ・ボロニェーゼ(?ragu alla bolognese)と言い、ボロネーゼと略されます。フランスではボロネーズと呼ばれています。

ミートソースの歴史

ミートソースはイタリア北部のボローニャ地方発祥のソースです。食の都であるボローニャの富裕層が隣接するフランスのラグーを参考にして作らせたのが起源と言われています。フランス語のラグー(ragout)は煮込み料理のことですが、イタリア語のラグー(ragu) は、肉など細かく切って煮込んだソースのことを言います。本来、ミートソース=ボロネーゼですが、日本では、ミートソースはトマトベースのソースにひき肉を入れた赤系のソースで、ボロネーゼは、ひき肉を煮込んだソースにトマトを入れたブラウン系のソースに分けられている傾向があります。日本にはミートソースはアメリカから伝わったため、トマトケチャップで煮込んだミートソースが広まったと言われています。

古典的なミートソースの作り方

本場のイタリア・ボローニャで食べられるボロネーゼ(ミートソース)は、材料にパンチェッタを入れるため味に深みがでます。材料は牛ひき肉、パンチェッタ、玉ねぎ、ニンニク、セロリ、にんじん、ホールトマト缶、赤ワイン、オリーブオイル、ローリエ、塩、黒胡椒です。材料は全てみじん切りにします。パンチェッタをこんがり炒めたら、セロリ以外の野菜を加えてしんなりするまで炒めます。牛ひき肉を入れ、焼き色がつくまで炒め、赤ワインを加え煮詰めます。トマト缶、セロリ、ローリエを入れ、塩・胡椒をし、蓋をして弱火で1時間ほど煮込めば完成です。ポイントは、牛ひき肉を入れた後はあまり混ぜすぎない。赤ワインを入れた後、水分量を1/3程に煮詰めることです。

ミートソースの使い方

パスタソースだけでなく、ミートドリアやパイに活用することができますし、タバスコを入れてタコライスを作ることもできます。また、オムレツのソースやコロッケに加えたり、ナスやジャガイモなど野菜と絡めてチーズをかければ、野菜のミートグラタンを簡単に作ることができます。定番イタリア料理、ピザのソースにしても美味しいです。

まとめ

ミートソースを一度に大量に作って小分けにして冷凍しておけば、色々な料理に活用することができます。野菜をみじん切りにし煮込むので、野菜嫌いな方でも無理なく野菜を食べることができるのも嬉しいです。時短にも繋がるミートソースのアレンジレシピをぜひ活用してみてください。