天日塩

塩といってもいろんな種類のものがあります。天日塩とは、浜辺などに作られた「塩田」と呼ばれる場所に海水を溜めて、太陽の熱と自然の風の力だけで海水を蒸発させることでできた塩の結晶を採取したものをいいます。

島国日本だが天日塩は取れにくかった

日本は島国で周囲を海に囲まれているので、昔から天日塩がよく採取されているように考えられがちですが、日本は湿度が高く比較的雨も多いので天日塩はほとんどなく、別の手法で塩を採取していました。現在では天日塩はほとんどが輸入しています。

輸入先も世界で数か国あるため、採取先によってミネラルやにがり、ナトリウムなどの含有量が違っていたり結晶の大きさが異なってきたりします。

天日塩は日本に輸入されてからさらに加工をして食用としています。しかし近年では天日塩を個人的に輸入するケースも増えており、その際には泥や雑菌などの混入が懸念されています。

さまざまな料理に使える万能な天日塩

天日塩も天然の海水を使っており、海塩・自然海塩などと成分が大きく変わることはありません。カルシウム・カリウム・マグネシウムなど豊富にミネラル分が含まれていますしにがりも含まれているので塩だけを口に入れても旨味があります。

天日塩も結晶のサイズに合わせて用法をかえればより塩の旨味を出すことができます。

細かい天日塩の場合では溶かして味付けに使ったり、魚や肉などの下味として使えます。

結晶が大きい場合はもちろん溶かして使うのもよいですが、焼き魚にまぶしたり、できた料理にまぶしたりすることで天日塩が結晶として食材にのこるので天日塩が染みた食材の味はもとより、天日塩の結晶の味も楽しむことができます。

使いやすい天日塩だが質には注意が必要か

天日塩も他の海水の塩と同じように、非常に使いやすい調味料です。とくに私は日本食を作る機会が多いので精製塩よりも天日塩などの旨味のある塩を使っています。

しかし天日塩は輸入されるときには天日塩以外のものも混入しており雑菌が付着しているというところは意識したことがありませんでした。

ほとんどの天日塩は輸入後に加工されているので安心のようですが、なかには天然天日塩を精製しないでそのまま流通させているものもあるようです。

それを旨味として好んで利用している人もいるようですが、もしそのようなこだわりがなければ精製された天日塩を使いたい場合は輸入後に泥・砂などが除去されて精製されているかを確認したほうがよさそうです。