?

?海塩

海塩とは海水を主原料として製造されている調味料・塩です。

塩には原料や製造方法の違いで種類・名前が変わります。海塩は海水を一か所に溜めて天日干しと自然風で乾燥させてつくる「天日塩」や、海水を煮詰めて水分を蒸発させて作る平釜塩など、海水を原料として製造される塩の総称です。海塩を「自然海塩」「天然海塩」というように特徴を付けた名称で販売しているものもありますが製造方法にはとくに大きな違いはありません。

天然の海水を原料としているため海水に含まれているカリウム・マグネシウム・ナトリウム・マグネシウムなどのミネラル分や旨味となるにがりを豊富に含んでいるのが特徴です。

海塩には身体によいミネラル成分や旨味が豊富ですが、そうは言っても塩化ナトリウムも含まれているのであまり多量に摂取すると健康を害する可能性もあるので適度な摂取を心がけましょう。

日本古代から塩は作られていた

塩は世界中で古くから使われている調味料ですが、日本は地質の関係から岩塩はほとんどなく、海塩を使っていました。

古代では海水を煮詰めて塩を取る方法を行っていたようですが、その後は海藻を天日干ししてて海水を何度もかけることで塩の結晶を作っていたという説もあります。奈良時代頃からようやく浜辺を利用した塩作りが行われるようになったそうです。

海塩は「かけ塩」「調理塩」としていろんな料理に万能

海塩には天然のミネラル・旨味が豊富に含まれているので、魚料理にもっとも合う使い方は「塩焼き」などで塩のみを使った料理でしょう。魚の旨味を引き立てるなど素材の味をより出したい量にに最適です。

塩が細かければふり塩が最も適しますが、結晶の状態の塩では塩が溶けにくいので料理の味付けだけではなく、口に含んでから少しずつ溶ける塩の旨味を楽しむこともできます。サラダのトッピングや料理の飾り塩としてなどとしても利用されます。

複数の塩を準備しておくことがポイントか

海塩の使い方・味わい方にも溶かして味をつける方法、まぶして味付けする方法、結晶を残して味付けだけではなく塩そのものの旨みを味わう方法などいろんな方法があることが分かりました。これまでは塩の種類だけは意識したことはありましたが、同じ塩を「溶かす」か「まぶす」か、だけの違いだけで塩粒の大きさまでは考えたことがありませんでした。

普段からいろいろな塩の種類を準備しておいて、料理によって使う塩や塩粒のサイズを変えてみることでどんな違いが出るのかを経験して勉強したいと思います。