濃口醤油

濃口醤油とは

現在日本で流通している醤油のうち、じつに8割が 濃口醤油だと言われています。そのくらい濃口醤油の使い方が多岐にわたり、どれだけ需要があるのかと言うのもわかりますね。

一般的に「醤油」というものはこの濃口醤油のことを指します。濃口醤油は日本全国で製造されていますが、関東地方ではとくに生産量が多く、そのなかでも特に有名なのは千葉県の野田氏や香川県の小豆島などです。

?

濃口醤油の歴史

醤油の起源は弥生時代が始まりと言われています。醤油はもともとは今のように液状ではなく、使い方も調味料などではなく食料を保存するために使われていたと言われています。現在のように液体の醤油となったのは安土桃山時代からのようです。その当時は醤油は高級品扱いされており一般的に流通することがなく上流階級の人々などだけで使用されていました。醤油は魚・野菜・肉・穀物などのそれぞれの原料からも製造されていましたが現在ではおもに穀物を使った醤油が一般的です。濃口醤油も穀物(大豆・小麦)を原料として製造されています。

濃口醤油のつくられ方

濃口醤油は大豆・小麦を主な原料としてまずは蒸し煮します。そして麹菌を使用して作った工事に塩水を混ぜ合わせて発酵・熟成させる方法が一般的です。

濃口醤油の特徴

濃口醤油は醤油特有の香りが豊かであり、溜まり醤油と同様にとても濃い色をしています。味が濃いのも特徴なので量を調節することで味付けにも香り付けにも使用されています。

香りと色、味のバランスが優れているのが最大の特徴でしょう。

濃口醤油

の使い方

醤油は日本料理にはとくに欠かせない調味料ですが、とくによく使用されるのは味付けとしての調味料です。濃口醤油は素材の甘みを引き出すような使い方をされることも多く、魚介類を煮込むのに使用されたり、野菜などの煮物などでも味付けのメインとして使用されます。味と香りのバランスも優れていることから食卓用としても万能です。

まとめ

濃口醤油はほとんどの人が使ったことがある、使わざるをえない調味料ではないでしょうか。毎日の料理で醤油を使用しないということはおそらくはないといっても過言ではありません。濃口醤油はとても万能な醤油で私も食卓用としても使用していますが、料理の味付け・香り付けなどでは濃口醤油ではややきつくなることもあります。濃口醤油だけではなく他の醤油も組み合わせることで好みの味や香りにすることができます。万能と言えば万能ですが、やはり濃口醤油だけでは補いきれない所もありますね。