?

炒り塩(煎り塩)

?

炒り塩(煎り塩)とは天然の海水を原料として製造された塩のことです。天然の海水を原料としていますので、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分を豊富に含んでいます。ミネラル成分を含むのは当然ですが、にがりも含んでいる塩のことをいいます。関東と関西とで呼ばれ方がちがっており、関東では「炒り塩」。関西では焼き塩などと言われているようです。

炒り塩のようににがりを含んだ塩は水分・湿気を吸収しやすいために焼いたり炒ったりという手間をかけることで、塩化マグネシウムを酸化させることができ、酸化マグネシウムになります。

酸化マグネシウムはサラサラした手触りで使いやすく、苦みが少ないことが特徴となります。

炒り塩は全体的な味付けに最適な調味料

塩といってもたくさんの種類があるのをご存知でしょうか。自然塩・平釜塩などありますが、炒り塩もそれらの塩のなかのひとつの種類でしかありません。

先にも炒り塩の特徴には少し触れましたが、炒り塩の特徴は「サラサラした手触りで使いやすい」「苦みが少ない」ということにあります。

つまり、塩の粒の結晶が小さいので調理の際にとても溶けやすいということがわかります。

また、苦みが少ないということからは全体的な食材の味付けにも最適であるといえるでしょう。

つまり、焼きあがった焼き魚の仕上げなどに炒り塩をまぶしてしようするよりも、塩を溶かして全体的な味付けとして使うほうが適しているのです。

焼き魚などにまぶすのに適しているのが結晶の大きな塩ですが、全体的な味付け・溶かして使う塩なら炒り塩になるのです。

とはいえ苦みが少ないので焼き魚やお肉の下処理や下味をつけるのにも役立ちますし、もちろん溶かして全体を味付けするのにも適しています。

炒り塩は塩の中でもとくに万能な塩

炒り塩の特徴として「サラサラしていて使いやすい」「苦みが少ない」ということが分かりました。

「苦みが少ない」というのは、塩を炒ることでミネラル成分が変化して「にがり」をも変化させているのでしょうか。

にがりは【旨み】でもありますが、ミネラル成分やにがりが多すぎるとそれらは【苦み】として感じるとも言われています。

癖の少ない炒り塩ですから、やはり料理の味付けのベースとしても使えるでしょうし、隠し味として少量使うことも炒り塩の特徴を生かせる使い方ではないでしょうか。

「まぶす」ような使い方ではほかの塩には劣るかもしれませんが、全体的な味付けとしてはもってこいの塩だといえるでしょう。