生揚げ醤油(きあげしょうゆ)

生揚げ醤油(きあげしょうゆ)とは

生揚げ醤油はこの名称以外にも【生醤油】と呼ばれることもあり、一般的な醤油よりもやや高級な醤油とされているようです。生揚げ醤油とは「もろみ」圧搾する(搾る)ことで抽出した液体を【生揚げ】と呼ぶのですが、その生揚げされた液体を火入れ(加熱)させたものが生揚げ醤油と呼ばれています。一般的には過熱をされた後に「オリサゲ」という工程を経て流通しています。

生揚げ醤油(きあげしょうゆ)の特徴

生揚げ醤油では風味の向上目的とカビの抑制のために醸造用のアルコールを添加されることが多いという特徴があります。生揚げ醤油にある醤油の香ばしさは醸造用アルコールの影響もあるのです。

生揚げ醤油(きあげしょうゆ)の歴史

醤油の起源は弥生時代ころで、醤油の始まりは「醤(ひしお)」というもので今のような醤油の様に液体ではなくゲル状態のものでした。当時は醤油は高級品のような扱いをされており、上流階級の人々しか食べる事が出来ませんでした。はじめて現在のような液状の醤油ができたのが1200年半ばころからで、味噌をしばらく放置していると樽の底に液体が出てきており、その液体の味がとても好評だったことから現在のような液体醤油が出始めました。醤油が一般的に流通するようになったのはモノの流通が盛んになってきた安土桃山時代ころからとなっています。諸説ありますが、生揚げ醤油の歴史はまだ比較的新しく、大正時代ころからという説もあるようです。

生揚げ醤油(きあげしょうゆ)のつくられ方

生揚げ醤油の主な原料は大豆・小麦・種麹・食塩水・醸造用アルコールです。まずは大豆をしっかり蒸して、痛めた小麦を混ぜ合わせます。さらにそれに種麹も加えて混ぜ合わせることで醤油麹が作られます。この醤油麹に食塩水を加えることでもろみができます。時折混ぜて攪拌させながら発酵させ、もろみを圧搾します。そこで抽出された液体をさらに過熱加工し、オリサゲを経て完成となります。

生揚げ醤油(きあげしょうゆ)の使い方

生揚げ醤油の種類の中にはアルコールを使用しない製法のものもあるので、そのような生揚げ醤油の場合は保存は冷蔵庫で保管するようにします。

まとめ

生揚げ醤油は流通量が少ないのかスーパーなどで私は見たことがありません。いったいどのような味がするのか実際に試してみたいものです。流通量は少ないようですが、現在では通信販売なども普及しているので購入自体は難しくないようです。ぜひ皆さんも生揚げ醤油を一度利用されてみてはいかがでしょうか。