?

紗茶醤

(サーチャジャン)

サーチャジャンとは

サーチャジャンとは台湾を中心に使用されているとてもポピュラーな調味料です。ヒラメなどの魚介類をベースとして、その他にゴマ、ニンニク、香辛料、油などを加えてから煮込んでつくられた調味料のことをいいます。

サーチャジャンの特徴

サーチャジャンの最大の特徴は、ヒラメなどの魚介類をベースとしてつくられているために独特の風味はもちろんですが、うま味もしっかりあるのが特徴のひとつです。また、香辛料も加えられてつくられているので独特の辛みもさらに加わり特徴的な旨みがでています。癖の強いような食材にも相性が良いのでエスニック料理にもよく使用されています。

サーチャジャンの歴史

サーチャジャンは台湾で主につくられている調味料ですが、その由来はインドネシアやマレーシアでのサテのソースであるという説があります。それが広東省や潮州などの場所でゴマやガーリック、ヒラメを加えて煮込むということがされ、独特の香ばしさや、程よい香辛料の辛さが中国で人気となり台湾に伝わっていったとも言われています。そして台湾料理での代表的な調味料となったのです。サテのソースもやはり魚介類をベースとして香辛料も混ぜて作られている調味料なので、サーチャジャンと比べてみると比較的似ている風味やうま味があるのではないでしょうか。

サーチャジャンのつくられ方

素材には魚介や干しエビ、トウガラシ、ガーリック、ピーナッツ、五香粉などの香辛料が使われ、発行、熟成されたものです。

サーチャジャンの使い方

サーチャジャンの使い方でもっともおすすめできるのが牛肉などの肉類の炒め料理や、火鍋の付けだれとして利用することです。魚介類の旨み・風味は当然ですが、香辛料の刺激的な旨みがとても相性がいいものです。普段使っている鍋のスープや付けだれにサーチャジャンを少量加えるだけで新しいうま味がグッと出てきます。

まとめ

あまり調味料はたくさん揃えていない私ですが、サーチャジャンはなぜか私も使ったことがあります。クセの強い食材とも相性がいいということでしたが、私個人的にはサーチャジャンそのものにもややクセがあるという印象を受けたのを覚えています。とくに魚醤のようにまでクセがつよいということではありませんでしたが、もしかしたら苦手という人もでてくるかもしれません。どちらにせよ、中華・台湾料理を作るということであれば一度は使ってみてはいかがでしょうか。