素塩

素塩とは

素塩とは食塩に化学調味料を含ませて作られたもので、ほかにも『味塩』という呼び名でも呼ばれていたりします。普通の塩には基本的に人工的には旨みや調味料などは配合されていませんが、素塩にはそれらが含まれているのがほかの塩と比べてのもっとも大きな違いだと言えるでしょう。

素塩の作られ方

素塩は主に瀬戸内海の天然海水を使用して工場で生成された、100%国産の塩が主な原料となっています。その塩にグルタミン酸ナトリウムという化学調味料を混ぜて作られています。混ぜるといっても天然塩の周りをグルタミン酸ナトリウムでコーティングするような構造となっています。このためとてもサラサラとした状態であり、湿気に強いという特徴があります。

素塩のおすすめの使い方

ソシオは天ぷらの天ぷらつゆの代わりに添えるなどの使い方が主にされているようです。ほかにはやはり天ぷらのようにシンプルな味付けのものに使うと素塩の味がより引き立つとともに、食材そのものの味自体も引き立てることができます。ゆで卵に振りかける塩も素塩だけで充分ですし、フライドポテトに振りかけるのも素塩がよく合います。ほかに素塩が使われやすいのはシンプルな白米のおにぎりでも素塩が会いますし、ジャガバター、焼き鳥、浅漬け、チャーハンなどにも最適です。浅漬けや漬物など素塩を使う場合は化学調味料が使用されているので普通の塩と比べると傷みやすいので早めに食べるようにしましょう。

普通の塩と素塩の使い分けは

普通の塩であれば天然のにがりの旨みはありますが、化学調味料のような旨みがないので、シンプルに塩味を出したいときに普通の塩が合います。しかし素塩の場合は旨味成分が含まれているので、塩味だけではなくうま味、甘味も少し足したい時などに素塩がよく合います。

素塩の注意点

素塩は紹介したとおり、天然の塩を化学調味料でコーティングした構造をしています。旨みがありますが、塩には変わりありません。つまり多量の摂取を習慣的につづけていると高血圧などの心疾患の原因ともなる可能性があるので注意をしておきましょう。

まとめ

私は普段から素塩を使う習慣があるので、ここで紹介した以外の料理でも比較的素塩の味付けでも合うと感じています。使い慣れているかどうか、味に慣れているかどうかで料理に合う・合わないという好みが出てきそうですね。塩にも多くの種類があるのでこれを機会にほかの塩も試してみようと感じました。