自然海塩とは天然の海水を主原料として作られている調味料です。天然海塩などと呼ばれることもあります。

自然海塩は、天然の海水をそのまま直接汲み上げて水分を蒸発させます。するとそこには天然の塩が残ることになります。このように作られた塩を自然塩と言います。自然塩にはナトリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・銅・亜鉛・カリウムなどのミネラルがそのまま残りますし、味わいのでる「にがり」も含んでおり健康に非常に良いといわれています。自然塩にはこのように健康に良いとされる成分を含んでいるのですが、摂取しすぎると高血圧となる要因のひとつになり得るため過剰摂取には注意が必要です。

日本では古くから使われ、広く使われていた調味料、自然海塩。

日本の自然海塩の歴史は縄文時代末期から弥生時代に始まっているといわれています。

日本は島国という特徴から「昔から塩はたくさん取れていた」と思う人もいるかもしれませんが、日本は雨も多く湿度も比較的高いためあまり大量に塩を作ることができなかったのです。そこで「採かん工程(濃縮)」という手法をつかって海水を濃度を高くして、次に濃縮した海水を沸騰・蒸発させる「せんごう工程」という二段階の工程を経て作られていました。その後、奈良時代からは製造方法も変化をしていき、その地域に合った製造方法がとられるようになりました。

自然海塩は多くの料理で活躍できる万能な調味料。調味料以外の用途も。

天然海塩は昔からよく使われているもののひとつは「漬物」です。現在では様々な種類の塩が出ていますが化学塩などは塩化ナトリウムが主成分なので化学塩では漬物の旨味を作り出す微生物を殺菌してしまうのです。このため漬物には自然海水が好まれて使われます。

また天然海塩だけでもおいしく食べれるのが焼き魚や焼き野菜などです。自然海塩を食材に振りかけて焼いてそのまま食べることで食材の味を引き立たせることができます。このように食材の旨みを引き立たせることができるため、天ぷらにも重宝されています。

やはり天然の海塩が一番!

塩と言えば健康を害するイメージがどうしても強くありますがそれは化学反応を使った精製食塩のことです。これは天然海塩のようにミネラル分などがほとんど含まれていないからなのです。

天然海塩には豊富にミネラル分が含まれており、比較的多く摂取しても血液中のナトリウム濃度とカリウム濃度のバランスが崩れにくいので高血圧などの原因にはほとんどならないといわれています。

和食には塩を使うことが比較的多くなるので、せめて自分たちで塩を使うときには天然海塩を使って健康にも留意したいものです。