超級?油

超級?油とは

超級?油とは、中国で全国的に使われている醤油です。超級?油はとくに中国の福建省での特産品として有名です。中国でも幅広く製造されていますが、福建省ではとくにおおくの超級?油が製造されています。

超級?油の特徴

超級?油の特徴は、やはりなんといっても高級感のある芳醇な香りと旨みです。超級?油の性状としての特徴は比較的とろみのある液体の調味料です。中国には醤油は当然ありますが、その高級品ということで、使い方としては醤油と同じように使用されています。

日本の濃口しょうゆと比較してみても濃厚な旨みで風味もかなり違います。

超級?油の歴史

中国で初めてしょうゆが作られたのは諸説ありますが、古いものでは紀元前から作られて使用されていたというものがあります。日本でのしょうゆの始まりは?からなのですが、やはり中国でもしょうゆができるまえは?と同じような調味料が始まりだったと言われています。当時の?は現在のような形状ではなくもっとどろどろとしたものだったそうです。味噌・?をしばらく放置していると樽の底に液体が出てきており、その液体の味がとても好評だったことから現在のような液体しょうゆが出始めました。

当時、醤を作る際に樽に入れて放置していると樽の底の方に液体が溜っており、それが初めての液体状の醤油です。この溜っていた液体こそが【醤油】なのです。一番最初にたまっていた液体を採取したものが超級?油になります。

超級?油の使い方

超級?油は中国で作られている調味料ですので、やはり中華料理を作る際に使用するしょうゆはこの超級?油がもっとも合うことは間違いありません。超級?油は濃厚な旨みと風味が特徴ですので、食材の臭みを消すのにももってこいの調味料です。このため焼き魚はもちろんですが、煮魚などの料理には相性がとてもいいです。またお刺身などのつけ醤油としても活躍できます。肉ではひき肉の調理・味付けに合いますし、和風ハンバーグのソースとしても重宝します。

まとめ

超級?油は日本のスーパーなどで販売されていることはまずほとんどありません。むしろ見たことがありません。ほとんどが中華料理店や海外の調味料や中国の調味料を販売しているような専門店での購入がもっとも入手しやすい経路のようです。インターネットの通信販売でも入手することができるようですが、それでも流通が少なく、売り切れ状態になるような人気があります。日本の醤油と比べても旨みや風味がいいということなのでどのような醤油なのか味を見てみたいものです。