食卓塩

食卓塩とは、塩化ナトリウムが99%以上あり炭酸マグネシウムを人工的に添加させて生成された塩のことを言います。炭酸マグネシウムが添加されるのは「味」には関係はなく、湿気を持たせにくくするためです。

食塩と全く同じものであると思われがちですが、食塩は塩化ナトリウムが99%以上というところは同じものの、イオン交換膜法という方法で作られたものなので別なものになります。

食卓塩は手軽に使いやすいように小さな瓶に入れられており、キャップを開ければすぐに使えるようにしてあります。

食卓塩には自然塩などのようにミネラル成分がほとんど含まれていないので、多量に摂取をすると高血圧などの原因に直結してきますので注意が必要です。

食卓塩は「ちょっと塩味を足したい」というときに使うのが吉

食卓塩はカルシウム・カリウム・マグネシウム・ナトリウムなどの天然のミネラルが少ないのでその分「にがり」という旨みもほとんどありません。にがり・旨みがないということはあまりいいようには聞こえてきませんが、にがりは多少クセのある旨みなのでコクがすくなくどんな料理にも使いやすいという長所があります。

ただし、魚の塩焼きなどで塩そのものの味が重要になるような料理では食卓塩では旨みがどうしても足りないことがあります。

料理に使うのにはミネラル成分やにがりを含んだ自然塩などをしようして、食卓に料理を出した時に「ちょっと塩味を足したい」というときに卓上にある【食卓塩】を使用して塩味を付け足すというような使い方がいいようです。また塩をあまり使わないような料理には食卓塩でもあまり味の違いは出てこないようです。

しっかり塩の旨味を出したい・量を使いたいときには食卓塩では不向きでしょう。

まとめ

食卓塩は自然塩などに比べても、どこの家庭にも必ずある種類の塩ではないでしょうか。かなり手軽に使えてとても安価な塩ですが、ミネラル成分やにがりがほとんど含まれてはいないということを知ることができました。塩を多く使うような料理や、塩の旨味が重要になるような料理には旨みのない食卓塩をつかってしまっては、かなり物足りない料理になってしまうことでしょう。やはり適材適所ということで食卓塩を使うシーンは選んだほうがよさそうだと感じました。

食卓塩は塩化ナトリウムが99%以上でありながらミネラル成分がほとんどないために、より高血圧などの原因となりやすい調味料であることも解かりました。健康のためにも普段の料理では自然塩を使って食卓塩は「もう一振り」という使い方がいいですね。