XO醤(エックスオージャン)とは

中華料理に使われる調味料の中でも特に高級なイメージがあるXO醤。
ぎゅっと詰まった旨味の中に感じるトウガラシのぴりっとした辛味。
そもそもXO醤の『XO(エックスオー)』ってどういう意味?
これはブランデーの等級の最高級を表す『eXtra Old(エクストラオールド)』が由来しています。
『醤(ジャン)』は中国語でペースト状の調味料を指します。
つまり要約すると【最高級のペースト状調味料】ということ。
香港の料理人が名付けたのが始まりですが、気になる材料はというと、干しエビ・干し貝柱・金華ハムなど、単体でも十分旨味が出る食材ばかり!
なるほど、「最高級の調味料」と名付けたくなるのも頷けますね。

XO醤(エックスオージャン)の歴史

1980年代に香港の最高級ホテル『ザ・ペニンシュラ香港』内にある、広東料理レストラン『嘉麟楼(スプリングムーン)』の旧料理長・許成氏が考案したといわれています。
旨味成分を多く含む食材を贅沢に使った斬新な調味料は、真新しい料理が次々と開発・発表されていた当時でも一際目立っていました。
新しいものと美味しいものが大好きな香港の人たちの間でXO醤は瞬く間に大流行!
現在では日本のみならず世界各地で幅広く使われており、料理人独自のこだわりの配合があるため、レストランによってXO醤の味が変わってくるのだとか。調味料の一つとはいえ侮れませんね。

XO醤(エックスオージャン)の美味しい食べ方

これでもかというほど旨味が凝縮されたXO醤なので、使う材料は選びません。
シンプルな野菜炒めにほんの少し加えるだけでググッと味が深まります。
勿論、お肉や海鮮炒めにも相性ばっちり!炒飯の隠し味にも良いですね。
トウガラシの他にもニンニクやショウガが入っているので料理の香りづけにも最適。
炒め物の他にも、お粥や麺類などの汁物に薬味代わりに入れても美味しく召し上がれます。

まとめ

お醤油やみりんなどとは一味違った調味料のXO醤。一般庶民の台所には少し敷居が高い調味料ではありますが、その分いつもの料理のグレードをグンと上げてくれる優れものです。
上記で挙げたもの以外にもアワビやホタテ入りのもの、山椒をきかせたものなど種類も多いようです。中でも驚いたのはご飯にかけて食べるというもの!まだまだ色々な食べ方がありそうです。
小さいものでもひとつあれば料理の幅が一段と広くなりそうですね。