調味料は、味の決め手になる料理の上では欠かせない存在だと思います。

基本的な調味料は、”さ・し・す・せ・そ”と呼ばれるものですよね。欠かせない調味料だということはもちろんですが、”あると便利な調味料”に注目して話を広げていきたいと思います。

その前に、あると便利な調味料だと思うのは、実は家庭環境によって感じ方はさまざまだと思うのです。

共働き家庭の主婦にとっては、料理はいかに時短が出来て、簡単に美味しくできるものを重視して調味料を探します。

また、時短や簡単さを求めず、手の込んだ料理を提供するために、こだわりを持った調味料探しをする主婦もいます。それぞれの目線に分けておすすめできる”あると便利な調味料”を見ていきましょう!

時短出来て簡単に作れる”あると便利な調味料”とは?

多くの主婦が調味料を買う際に、重要視しているのが、”使いまわし”ができるかということです。あると便利な調味料でも、使い道が一つしかない場合は、きっとそのうち存在すら忘れてしまうでしょう。一つの調味料で、どれだけ時短出来てバリエーション豊富な簡単メニューができるかで、重宝されるかが決まるようです。

・和食の救世主!”だしの素”
出汁をいちから取るのは、時間に追われている主婦にとっては省略したい部分ですよね。そこで、多くの主婦から支持されているのが”だしの素”です。野菜と一緒に水を入れた鍋にだしの素を振って、味噌で味をつけたら簡単味噌汁の出来上がりです!だしの素自体、あらゆる料理を作る際の味の決め手に一振りしたり使う用途も幅広く使えますので、どの家庭にも重宝される調味料でもあります。ちなみに、味噌汁を作る際に、最近では出汁入りの味噌も販売されていますので、だしの素無くても味噌汁を作ることは可能です。

・オイスターソース
牡蠣油とも言われており、牡蠣を主原料にした調味料です。旨味がたっぷり含まれている調味料で、一度使うと意外と便利なんです。そのまま、炒め物の味の決め手に加えても良いですし、野菜サラダに加えて、マヨネーズを絞って一緒にあえて胡麻を振れば、中華風のサラダに早変わりさせることもできます。パッと作れるスピード料理の味の決め手にもできるオイスターソースは、まさに”あると便利な調味料”の一つだと思います。

他に重宝される調味料としては、ごま油・マジックソルト・ウェイパー・コンソメ等です。

手の込んだ料理にプラスして使いたい”あると便利な調味料”とは?

日々の健康に気を使いたいという方のために、ちょっと取り入れたいあると便利な調味料をまとめてみました。

・生の生姜
生姜はあらゆる料理に使うことができる万能調味料です。しかし、中々生の生姜は、チューブと比べると値段も高く、すりおろす手間もかかるため日頃からするのは大変な調味料ですが、やはりチューブと比べると生の健康パワーには勝てません。香りも断然生の方が豊で、栄養価も高いです。

・えごま油
油と聞くと、身体に悪いイメージがありますが、えごま油は”血管を若返らせる力”を秘めており、油の中では断トツで身体に良いと言われている油なのです。コレステロール値を下げる効果があり、生活習慣病を改善する働きがあります。スライスした玉ねぎに、生ワカメや鰹節や胡麻をふりかけて、上から醤油とえごま油をふりかけて食べるだけで、絶大な健康パワーを発揮できるお手軽レシピにも変身します。

他におすすめできる調味料は、りんご酢やバニラビーンズ等がおすすめです。