ホームベーカリーでパンを手作りされる方も多いと思います。焼きたてのパンの香りは幸福感たっぷり。その香りだけてごちそうですよね。そんな方にぜひおすすめしたいのが、ハーブの香りが楽しめる手作りパンです。ハーブ入りパンの焼きたての香りは格別で、ただ入れるだけなのに、専門店のような味わいとハーブによる健康効果が選られます。

そこで手作りパンにおすすめのハーブやミックススパイスをご紹介します。また、焼き上がったパンに添えるおすすめのハーブ&オイルも、あわせてご紹介します。

パン生地に混ぜるハーブ、エルブ・ド・プロヴァンス

バジル・ローズマリーなど、南フランスのプロヴァンス風の家庭料理を簡単に再現できるミックススパイス「エルブ・ド・プロヴァンス」は、パンにもオススメのハーブです。爽やかで上品な香りは、ハーブだけをパン生地に混ぜて焼いてもおいしいし、チーズやベーコン・アンチョビと合わせたパンに混ぜてもおいしいです。

エルブ・ド・プロヴァンスはローズマリー・バジル・タイム・セージ・オレガノ・セイボリー・ローレル・フェンネルなどで構成されるミックスハーブですが、すべてそろわなくても香りを楽しめますし、配合も特に決まりがないのが魅力。独自の配合を楽しめます。

パストラミスパイスでパンにスパイシーな香りを

パストラミとはハーブやスパイスで風味付けをした肉の燻製料理ですが、このスパイスをパンに混ぜてしまうことで、普通のハムを挟んでもパストラミのようなスパイシーな風味を楽しむことができます。

パストラミによく使われるスパイスは黒胡椒・パプリカ・ガーリック・オールスパイス・コリアンダー・マスタードシードなどで、パン生地に混ぜるならこれらのスパイスにバジルを少量加え、すべてを粗挽きにし、生地に混ぜて焼きます。

これらのスパイスはチーズとの相性も良いので、角切りにしたチーズを混ぜて焼き上げてもおいしいです。またチーズに合うスパイス・クミンをプラスしても、爽やかな風味が加わります。

フランス伝統菓子をお手本に、パンデピス

はちみつをたっぷり使ったフランスの伝統的なお菓子「パンデピス」は、甘くエキゾチックな香りが魅力の焼き菓子です。パンデピスはシナモン・ナツメグ・クローブ・アニス・ジンジャーなどを混ぜたスパイスで、これらのスパイスをパン生地に混ぜることで、パンデピス風の香り豊かなお菓子パンを楽しむことができます。

パンデピス風パンにナッツやドライフルーツを混ぜると、よりリッチな味わいに。ココアパウダーを混ぜてもおすすめです。

パンにつけるハーブオイル&シロップ

パンを手作りするのは面倒・・・そんな方におすすめなのが、ハーブの香りと効能を移したオイルやシロップで楽しむ方法です。

例えばローズマリーを使った薄焼きパン・フォカッチャに、すりおろしたにんにくとオリーブオイルを添えるように、ローズマリー・鷹の爪を予め漬けておいたオリーブオイルに、すりおろしたにんにく・塩を混ぜ、カリッと焼いたフランスパンに添えれば、それだけでおしゃれな軽食やワインのおつまみにも合います。

また、ローズマリーやマジョラムなどのハーブは甘さを引き立てる効果があるので、メープルシロップに刻んだナッツ・マジョラム・ローズマリーを混ぜ、パンにのせて食べてもおいしいです。

このようにパンに添えたり手作りパンに混ぜたり、方法を変えて自由にハーブ×パン生活を楽しみましょう。