夏バテを引きずらないために

今年の夏はものすごく暑かったですよね。

エルニーニョの影響で冷夏になると聞いていたのですが、ウソでしたね!

身も心もカラカラに・・・

暑いと疲れがなかなか取れなかったり、集中できなかったりと困ることも多いはず。夏バテを引きずっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、夏の疲れを吹き飛ばす食材について特集したいと思います。

そもそも、夏バテの原因は・・・?

夏バテの原因はさまざまあります。

★温度差による自律神経の乱れ

涼しい室内と暑い外の気温差が原因で、自律神経が乱れることが原因の一つです。

人の体は暑さや寒さを自動で調節する機能がありますが、人工的な冷風を浴びていると

調節機能が乱れ、上手くいかなくなってしまいます。

★暑さからくる食欲不振

熱中症対策のためにこまめな水分補給が大事ですが、水分を取りすぎると胃液が薄まり、

胃の機能が低下します。

その結果、食欲不振を引き起こしてしまう場合があります。

夏バテに効く食べ物

夏バテに効果があるものを厳選して紹介します!

①ビタミンB1

夏になると冷たいアイスやジュースをついつい口にしてしまう方も多いのでは?

疲れた時には甘いものがいいと言いますが、糖分の過剰摂取はNG!

糖分はビタミンB1によって分解されることでエネルギーとなります。

糖分をすると体の中のビタミンB1が不足し、疲れやイライラの原因になるので、しっかり摂取しましょう。

ビタミンB1を多く含む食品には、豚肉、玄米、豆腐、ウナギなどがあります。

土用の丑の日にウナギを食べるのは、夏バテ予防の意味もあるのですね!

②クエン酸

クエン酸は、筋肉疲労によってたまった乳酸をエネルギーに変えてくれる働きがあります。

クエン酸は梅干し、柑橘類、いちご、食酢など酸っぱい食べ物に多く含まれています。

食欲がない時でもさっぱりと口にしやすくおすすめです。

その他にも、血液サラサラ効果や美肌効果、鉄やカルシウムの吸収を助ける効果もあるのでダイエット中にもぴったりです。

③ミネラル

汗と一緒にミネラルも体外へ放出されます。

ミネラル不足はめまいの原因にもなりますので、しっかり摂取しておきましょう。

海藻類、きのこ類、牡蠣などに多く含まれています。

ミネラルは熱中症対策にも重要なので、積極的に取りたいですね!

④スパイス類

スパイス類には食欲増進や疲労回復、代謝の改善などいろいろな効果を持つものがあります。

山椒・・・辛み成分のサンショールが食欲不振を解消してくれます。

ウナギと一緒に食べると効果的ですね!

ニンニク・・・ニンニクに含めれるアリシン、スコルジンが殺菌作用や疲労回復、

血行促進などに効果を発揮します。

ナツメグ・・・こちらも食欲不振に効果あり。昔は消化器系の生薬として

使用されていたそうで、下痢にも効果があるそうです。

ガラムマサラ・・・グローブやナツメグ、シナモン等を混ぜたスパイスです。

食欲不振、疲労回復に効果的です。

その他、ニラ、わさび、胡椒、クミンなども。

どのスパイスにどんな効果があるのか知っておくといいですね!