科目:セリ科ミツバグサ属

原産地:アナトリア半島、ギリシア、エジプトなどの地中海東部地域

別名:果実部分をアニシード、または、西洋ウィキョウと呼ぶこともあります。

■古代から伝わる甘い香りのスパイス

アニスの果実部分は強い甘い香りを持ち、古代から主に香辛料として用いられてきました。茎の部分は、若いうちは野菜として食用されています。食感はセロリに似ていて、香りは果実に比べてずっと弱いです。中国のスパイスで有名な八角(スターアニス)とよく似た味と香りを持っているため、より安価な八角がアニスの代用品として使用されることがあります。

■世界最古のスパイス

アニスの歴史は、古代エジプトのミイラ作りの際の匂い消しとして使われたところまで遡ります。古代ギリシア時代には、母乳の分泌を促す薬草として用いられたり、他には健胃剤、駆虫剤、歯磨き粉の成分として使用されてきました。スパイスとして料理に使われるというよりは、薬事的な使われ方が中心だったようですね。

■爽やかな甘い香りは料理とも相性バツグン!!

アニスの持つ爽やかな甘い香りは、お菓子はもちろん、肉料理や煮物料理など色々なものと相性バツグンです。オレンジとアニスで豚肉を甘く似て洋風のチャーシューにしたり、ドライフルーツと混ぜてシュトーレン風のパンを作ったり、香りの良い食材と一緒に使うと、相乗効果でアニスの甘い良い香りがさらに料理を引き立ててくれるでしょう。

また、消化を助ける働きやお口を爽やかに保つ効果もありますので、食後にハーブティとしていただくと、どちらの効果も期待できます。女性には、甘い香りがほっと気分を落ち着けてくれる効果もあるかもしれません。

■女性に嬉しいスパイス

世界最古のスパイスの一つと言われているアニスですが、長年、人々に親しまれてきた理由について少しご紹介しましてきました。中でも、母乳の分泌を促したり、最近では女性ホルモン(エストロゲン)の類似作用をするという効果も認められており、女性の機能を正常に保つために役立つスパイスであることは間違いありません。生理前のつらい症状や更年期障害がある方は、ハーブティなどで少しずつ日々の生活に取り入れてみるのもいいかもしれませんね。