科目:スイカズラ科

原産地:ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア

別名:セイヨウニワトコ

■花から根まで薬効にあふれた植物

エルダーフラワーというくらいなので、エルダーというスイカズラ科の植物の花の部分をハーブとして加工したものですが、枝や根に至るまで全体に薬効があるオールマイティな植物です。シロップやジャムなどで市販されている場合がほとんどで、マスカットやリンゴに似た爽やかな甘みと香りがあり、世界中で親しまれています。

体に良いと分かっていても、苦味や強い匂いがあったりすると、中々取り入れずらいものですが、エルダーフラワーは香りや味もすばらしく、日常的に抵抗なく取り入れていただけます。

■エルダーは『庶民の薬箱 』!!

エルダーは、古くから『庶民の薬箱』と呼ばれ親しまれてきました。古くは、石器時代から、ヨーロッパやアメリカの先住民の伝統的な医療や食用に用いられてきました。クリーム色の小さな可憐な花は、多くの神話や言い伝えにも幾度となく登場し、人々の生活や信仰との密接な関係が伺えます。魔よけの効果もあるとして、多くの言い伝えが残っています。

■美味しいインフルエンザの特効薬

エルダーフラワーコーディアルとも呼ばれるシロップは、イギリスやヨーロッパでは古くから親しまれてきました。
このシロップは、水や炭酸で割ったり、赤ワインなどに混ぜてサングリア風にして楽しんだりするのが一般的です。また、爽やかな風味を活かしてドレッシングの隠し味にしたり、お菓子やケーキ作りに使ったりと様々な用途で活躍するシロップです。
メイプルシロップの代用として、ホットケーキにかけても美味しくいただけます。

気になる効能を見てみると、エルダーフラワーは粘液を浄化してくれる効果があるので、古くからインフルエンザの薬として用いられてきました。同じく、花粉症や鼻炎の症状を和らげる効果も期待できます。
利尿作用と発汗作用にも優れているので、毒素を体外に排泄する効果もあり、むくみやすい方にもおすすめです。その他にも、神経を落ち着かせてくれる効果もあるので、眠りや浅い方や寝つきの悪い方は、夜眠る前にハーブティーとして飲むことをおすすめします。

■自然の家庭常備薬

日本ではまだまだ浸透しているとは言えないエルダーフラワーですが、もっと親しみやすいハーブとして気軽に取り入れていただけるということはお分かりいただけたでしょうか?花粉症、風邪、インフルエンザなどに、体に優しい成分で症状を緩和させてくれますので、家庭の常備薬として是非取り入れてみてください。