スパイスやハーブを料理に使っているけど、あまり使わないスパイス・ハーブはどんどん劣化し、香りも抜けていってしまいます。そんなスパイス・ハーブを使って、簡単に“オリーブオイル漬け”や“スパイス・ハーブオイル”を作ってみませんか?

スパイス・ハーブには防腐作用が高いものもあり、オリーブオイル漬けにすることで作り置きができ、風味がついたオリーブオイルは料理にも使えます。そんなスパイス・ハーブオイルのアイデアをご紹介します。

風味豊かな魔法のオイル、フレッシュハーブオイル

ハーブの香りが食欲をそそるハーブオイルは、作り方もとっても簡単です。

  • 漬けたいフレッシュハーブを用意し、水で軽く洗ってゴミやほこりを落としたら、キッチンペーパーで優しく水分をふき取ります
  • 鍋にオリーブオイルとハーブを枝ごと入れ、熱くなりすぎないように弱火で5分ほど温めたら火を止めます
  • 粗熱が取れたらハーブごと保存瓶に移して出来上がり

香り豊かなハーブオイルとしてパスタやピザの仕上げに、おろしにんにくと混ぜてフォカッチャに添える、などすぐに使えます。

ハーブオイルにおすすめのフレッシュハーブは、ローズマリー・ターム・タラゴン・オレガノ・マジョラム・レモングラスなど。熱するときに潰したにんにくや鷹の爪を加えると、さらに風味豊かになります。

また、バジル・セージなどの葉が柔らかいフレッシュハーブは加熱せず、保存瓶にオリーブオイルと一緒に入れて、冷暗所で1週間~10日ほど漬けます。香りが出たら使い始め、漬けている間は1日1回保存瓶をふりましょう。

香り高いスパイスとオリーブオイルで香味漬け

スパイスは熱して香りと成分を引き出してから漬けることで、漬けた食材にスパイシーな香りがつきます。

  • 鍋にオリーブオイル・スパイス・みじん切りしたにんにくなどを入れ、にんにくが軽くきつね色になるまで熱したら火を止めます
  • 塗れ布巾などにのせて冷まし、粗熱が取れたら漬けたい食材と一緒に保存瓶に移します

半日ほどで香りが移り、美味しくいただけます。オススメのスパイスは、クミン・コリアンダー・マスタードシード・フェンネルシード・胡椒・オールスパイス・クローブ・シナモンなど、何でも構いません。ローリエやドライレモングラスなどを加える時は、火を止めた後に加えましょう。

茹でた鶏むね肉・マグロ・カツオなどを漬けるとぱさぱさ感が気にならず、しっとり漬け上がります。茹でた牡蠣・ミックスビーンズ・ドライトマト・加熱したきのこ類なども風味よく、そのままおつまみにも利用できます。

ドライハーブ&スパイスオイルで簡単おつまみレシピ

ドライバジルとオリーブオイルを使ったローストスパイスオイルで「チーズのスパイス漬け」を紹介します。

  • フェタチーズ・レッドチェダーチーズ・ゴーダチーズ各30gを1cm角くらいの大きさに切ります
  • フライパンにオリーブオイル大さじ2・クミン・マスタードシード各小さじ1/3・鷹の爪1/2本を入れて、弱火で熱します
  • スパイスがパチパチ音をたて、香りが立ってきたら火を止め、冷たいオリーブオイル50mlを加えて冷まします
  • 切ったチーズにバジル・ピンクペッパー・ナツメグ各適量をまぶし密閉容器に入れ、冷ましたローストスパイスオイルを注いで漬けます
  • 30分ほどなじませて、チーズに香りが移ったら出来上がり

塩漬けオリーブや生ハムと一緒にワインのおつまみに、パンやクラッカーにのせたり、サラダにもおすすめです。

オリーブオイルでスパイス&ハーブオイルを香りよく

中途半端に余ったハーブやスパイスで簡単にできるオイル漬けは、ハーブやスパイスの香りが穏やかにうつるので、強い香りになれていない方や上品に香らせときにもおすすめです。ぜひお試しくださいね。