オーガニックスパイスとは何なのでしょうか?

”オーガニック”と聞けば、無農薬で作られたもので身体に良い物としてイメージを強く持つ人が多いのではないかと思います。

ちなみにオーガニックは和名で”有機栽培”と言います。日本ではオーガニックを商品名に表示する際に取得しなければならないものがあります。それが‟有機JASマーク”です。

そこで、オーガニックスパイスを知るために‟有機JASマーク”を含むオーガニックについて見ていきましょう。

オーガニックと認められた‟有機JASマーク”とは?

化学肥料、農薬を使用せずに、家畜の糞尿や、たい肥などの動植物からできた肥料で作られた食物の栽培方法のことを、オーガニックと言います。

自称ではなく、第三者からオーガニック食物と認定されるためには、”同じ農場で3年間の間、化学肥料と農薬を使用せずに栽培”することが条件とされています。また、それだけでなく第三者から‟栽培から梱包に至るまでの厳しい審査基準を満たし、これは本物の有機栽培食物だ”と認められることで初めて‟オーガニック食品”ですと商品化に明記することが許されるのです。それが‟有機JASマーク”です。

ちなみにオーガニックは、農薬不使用の点から食材の安全性が高いというイメージの考えを持つ方がとても多いです。しかし、食の安全性はオーガニックにとって本来の目的ではなく、結果として得たメリットにすぎません。本当の目的は自然の動植物と共生するためや環境の保全を保つため、文化を大切にし、人にとって健康を維持するための必要不可欠なものになるためとされています。

動植物からの自然のめぐみを大切にし、人と環境共生させることが本当の目的で、大切にしたいということなんですね。

そんな魅力的なオーガニック製品と認められたスパイスについて見ていきましょう。

オーガニックスパイスが購入できるおすすめのお店とは?

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

株式会社ヴォークス・トレーディングが運営している‟オーガニックスパイス”を専門に取り扱うWEB通販サイトです。‟有機JASマーク”を取得しているオーガニックスパイスです。オーガニックスパイスとして売り出すために、まずはスパイスを栽培するための土づくりから見直し、2年以上の歳月をかけて栽培しました。無農薬、化学調味料不使用であることはもちろん、遺伝子組み換え種苗を使わないこと、殺虫剤を使わないことに徹底管理しました。栽培管理を徹底することで、品質が高く、身体に良いスパイスを作ることが可能となりました。業務用としてはもちろん、スパイス本来の素材の良さを一般家庭でも提供できるようにパッケージデザインからこだわり、低価格で商品化することが実現することができたのです。

ブラックペッパーをはじめ、クミンシードやナツメグ、コリアンダー等のスパイスが瓶入り、袋入りとともに販売しています。原産地が表記されているのも、他にはないスパイスメーカーとの差別化の一つだと思います。また、ホームページを覗けば、原産地で栽培している様子が公開されています。

生産者の顔が見れることでより品質の安全性が高められていることがうかがえますね。興味があるかたは是非覗いてみてはいかがでしょうか?