香り良いフレッシュハーブの中には、そのまま刻んでサラダに混ぜて楽しめるものもあります。フレッシュハーブをサラダに入れることで、格段に香りが良くなるばかりか、ドライハーブよりビタミンなどの栄養が豊富なので、様々な健康効果を得ることが出来ます。

ここではサラダに混ぜておいしい、おすすめフレッシュハーブをご紹介します。

ハーブの中ではトップクラスの栄養価・イタリアンパセリ

私たちが通常イメージする縮れたパセリではなく、平たい葉をもつのがイタリアンパセリです。パセリの栄養はそのままに、パセリのようなゴワゴワした食感がなく苦みも少ないので、サラダに混ぜても違和感なく食べられるのが魅力です。

そんなイタリアンパセリは、βカロテン・クロロフィル・ビタミンCという抗酸化作用やデトックス効果が高い成分を多く含みます。他にもカリウムは塩分調整に役立ち、鉄分も含みますので全身の倦怠感解消に効果的。苦み成分・アピオールは殺菌効果があります。イタリアンパセリのもつ爽やかな香りと苦みが、サラダを引き締めてくれます。

美肌のビタミン豊富なハーブ・ルッコラ

サラダやピザ・パスタなどに使われるルッコラは、美肌に効果的なビタミンA・C・Eが含まれています。他にも糖質・脂質の代謝に関わるビタミンB1、骨の形成に関わるビタミンK・カルシウム、鉄分などが含まれています。

そんなルッコラをサラダに加えると、胡麻のような香ばしい香りを感じられると思いますが、他にも微かに大根にも似た辛味を感じると思います。これはグルコシノレートという成分によるもの。グルコシノレートは切ったり噛んだりすることで、イソチオシアネートに変化し、辛味を生み出します。

ルッコラの辛味はそれほど強くないので様々なサラダに利用でき、大根サラダなどの和風サラダにもマッチします。

デトックス&ダイエットのハーブ・フェンネル

魚のハーブとして知られるフェンネルは、葉はハーブに、種はスパイスに、根はフィノッキオという野菜として利用できます。ハーブは清涼感のある香りにほんのりと甘い香りと苦味があり、見た目も良いのでサラダにトッピングしたり、刻んでドレッシングに混ぜるなどして使います。フィノッキオはセロリに似た清涼感のある香りと苦みに、アニスのような甘い香りが混ざった独特の香りを持ち、スライスしてサラダに、太めに切ってスティックサラダのようにして楽しむことができます。

そんなフェンネル・フィノッキオは、糖質・脂質の代謝に効果を発揮するビタミンB群が豊富。また胃腸薬に利用されるほど、胃腸を整える作用があり、カリウムは塩分排出を促すため、デトックス効果も期待できます。

他にもフェンネルはエストロゲン様成分を含んでいるため、月経不順や更年期障害にも効果的と言われています。

ハーブでサラダをもっと楽しく豊かに!

ハーブをサラダにひとつプラスするだけで様々な薬効が得られ、香りも楽しむことができるので、サラダの世界が広がります。

また、フレッシュハーブをドレッシングに入れてももちろん、そのハーブの香りと効能を得ることができます。しかしフレッシュハーブはお酢の力で変色しやすく、香りも飛びやすいため、ドライハーブで作る方法がおすすめです。

お酢やビネガー、レモン汁などお好みの酸味に塩・胡椒・お好みのドライハーブを入れ、オイルでのばすだけで手軽にでき、ドライハーブなので保存も簡単です。サラダだけにとらわれず、パンにはさんだりとハーブを楽しみましょう。