科目:クスノキ科ニッケイ属

原産地:中国南部、ベトナム

別名:ニッキ、桂皮

■スパイスの王様『シナモン』

シナモンは、スパイスの王様の名前にふさわしい香りと、独特な甘味とほのかな辛味を持っています。香辛料として使用する場合、シナモンの樹皮をはがし、乾燥させたものが使われます。カプチーノやインドのチャイ等の飲み物やアップルパイ、シナモンロールなどの洋菓子と相性が良く、香り付けに使われます。インド、中東、北アフリカでは料理の香りづけにも使用されます。粉末状に加工して使いやすくしたシナモンパウダーや、樹皮のまま細長く巻いた形のシナモンスティックも広く流通しています。

■シナモンは世界最古のスパイス

シナモンは、世界最古のスパイスの1つといわれています。紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として使われていたのが始まりです。防腐剤の他には、聖なる香油として礼式にも用いられていたようです。古代ギリシャでは、シナモンの甘美な香りから、深い愛情を示す最高の贈り物として王侯貴族に重宝されていたようです。日本には8世紀前半に伝来し、「桂心」という名称の薬物として奉納されたものが、正倉院の中に残されています。

■血管を若々しく保つシナモン

シナモンに含まれるシンナムアルデヒドは毛細血管を若々しい状態に保つ作用や血管の修復と拡張作用があるため、老化して弱っている血管を蘇らせ、体の隅々まで血液を行きわたらせてくれます。また、血液をサラサラに保つ効果もあると考えられているため、血液とその通り道の血管の両方を健やかな状態に保つ働きがあります。加えて体を温める作用がありますから、冷え性、特に血行不良による末端冷え性に高い効果が期待できます。血流が悪いことで発生する「むくみ」などにも有効だと言えるでしょう。

■美肌、アンチエイジングにも!!

血管の健康を保持する働きがあるシナモンは、美肌にも効果があります。肌への栄養素は血液によって運ばれていきますから、その通り道が健康であることは肌への栄養を行き渡らせ、肌のコンディションを保つことに繋がります。更に、血行促進によって肌の新陳代謝の向上に繋がり、ハリのある綺麗な肌を維持できるでしょう。また血行不良によるくすみの改善や、毛細血管の減少や損傷から起こるシミ、しわ、たるみの予防も期待できるでしょう。女性には魅力的なスパイスですね!!

■シナモンの甘い香りに癒されて

シナモンの優れた効果についていくつかご紹介してきましたが、シナモンがスパイスの王様と言われるのは、その効果に限ったことではありません。あの独特な甘い香りは、多くの人々の気持ちを和らげ、癒してきたことでしょう。疲れた頭や体を休め、ほっと一息つきたくなったら、いつものコーヒーにシナモンパウダーを振りかけるだけで、リラックスできますよ!!