スパイスやハーブが大好きで、もっと知識を深めたい方や、知識を資格取得に活かした仕事をしたい方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめなのが、諒設計アーキテクトラーニングの「スパイス香辛料アドバイザー対策コース」です。

スパイスの種類は非常に多岐に渡り、全てを独学で勉強するには多くの時間と経験を要します。また独学では勉強に不安が出てきたときに、誰にも相談することができません。諒設計アーキテクトラーニングの「スパイス香辛料アドバイザー対策コース」は、3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育で、実績も信頼できるコースとなっています。

ではそんな諒設計アーキテクトラーニングの「スパイス香辛料アドバイザー対策コース」を受ける事のメリットをご紹介します。

スパイスの歴史・種類・活用法が学べる

諒設計アーキテクトラーニングの「スパイス香辛料アドバイザー対策コース」では、スパイスの歴史から様々なスパイスの種類、その効果効能や活用方法を、初心者にもわかりやすく体感しながら学ぶ事ができます。

座学で学ぶだけでは本当の知識とは言えませんが、ひとつひとつのスパイスの成り立ちや歴史を知ることは、その後の料理に必ず役に立ってきます。スパイスを正しく理解し、覚えた事を料理に活用しながら知識が身につくので、効果を実感しやすく、手ごたえを感じられるのも魅力。そして受講中にわからないことがあったら、専属スタッフのサポートを回数無制限で受けることができます。このサポート体制で趣味感覚で楽しくスパイス・ハーブの知識が身につき、講座終了まで続けることができます。

スペシャル講座では2つの資格が取得可能!

現在スパイスとハーブには様々な資格があり、通常の講座では、勉強して知識を得たあと自身で受験し、試験に合格する事で資格取得することができます。諒設計アーキテクトラーニングには「スパイス香辛料アドバイザーW資格取得スペシャル講座」があり、数あるスパイス・ハーブの資格の中から「スパイス香辛料アドバイザー」・「スパイスインストラクター」の2つの資格が、講座卒業と同時に認定されます。

この講座は協会が指定するスペシャル講座なので、添削課題をすべてクリアし卒業課題を提出することで、試験免除で資格を得ることができるのです。その期間は驚くことに、最短で2ヶ月というスピード。すぐに資格が欲しい方や確実に資格を取得したい方におすすめです。

「スパイス香辛料アドバイザー」・「スパイスインストラクター」とは

「スパイス香辛料アドバイザー」は、以前は「スパイスソムリエ」という名称の資格でした。JSFCA(日本安全食料料理協会)が主催する資格で、スパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、スパイスを幅広く活用できる知識をもつ方へ認定されます。

資格を取得すると飲食店や飲食業界などで資格を活かすことができます。

そして「スパイスインストラクター」とは、JIA(日本インストラクター協会)が主催する資格なので、団体が違います。スパイスの種類やその効果効能を正しく理解し、スパイスを適切に使うことのできる知識をもつ方へ認定されます。

資格を取得することでスパイスインストラクターとして活動することができます。自宅でのスパイス講座の開講や、カルチャースクールなどで講師活動をするときに、非常に有効な資格です。

スパイスを勉強し充実した生活に活かす

諒設計アーキテクトラーニングの「スパイス香辛料アドバイザー対策コース」は、飲食店を経営している方でお店に変化を与えたい方にも、家族の健康と毎日のおいしい料理のためにスパイスを学びたい方にも、どちらにもおすすめな講座です。

今すぐ資格が必要でなければ「スパイス香辛料アドバイザーW資格取得講座」でマイペースに勉強し知識を深め、すぐに資格を取得して仕事に活かしたい方は「スパイス香辛料アドバイザーW資格取得スペシャル講座」がおすすめ。

何より豊かな生活に役立つ知識を得られることは、幸せに生きる基本とも言えます。興味がある方はぜひ検討してみてくださいね。