スパイスやハーブはご飯のおかずやスープ、おつまみだけでなく、スイーツにも使われています。甘いだけではなく、ほのかな苦みを伴うスパイスやハーブを使ったスイーツは、スイーツの甘さを挽きたてながらもちょっぴり刺激的。いつものスイーツを香りの魔法で彩ります。

そんな手作りスイーツにおすすめのハーブやスパイスをご紹介します。

クリスマススイーツにおすすめ、シナモン

スイーツに使うスパイスといえば、まず思い浮かぶのがシナモンではないでしょうか。甘くエキゾチックな香りと温かみを感じる風味は焼き菓子にピッタリで、ジンジャーと組み合わせてジンジャーブレッドやスウェーデンの伝統クッキー・ペッパーカッカに、ドライフルーツやチョコと組み合わせてケーキに、様々なスイーツに利用されます。

フルーツは特にりんごと相性がよく、煮りんご・焼きりんご・アップルパイには必須。またクローブ・ナツメグ・オールスパイスとの相性が良いので、一緒に加えることでほろ苦さや刺激的な香りがプラスされ、素材の甘さを引きたてます。

他にもココア・かぼちゃ・ココナッツなど、スイーツに使われるいろいろな素材に利用されます。

メープルシロップと相性抜群、カルダモン

清涼感のある香りとほろ苦さ、ピリッとしたスパイシー感は甘いお菓子を引き締め、甘さとのコントラストを生み出します。先述したシナモンとの相性も良く、シナモンと一緒に淹れたチャイは、そのままゼラチンで固めてチャイプリンになります。

メープルシロップとの相性が良いので、甘味にメープルシロップを使ったケーキやクッキーに混ぜて焼いたり、簡単にはホットケーキに混ぜてメープルシロップをかけるだけで、カルダモンの上品な香りが楽しめます。

またスウェーデンにはカルダモンを使ったお菓子が多く、カルダモンの爽やかな香りのしっとりケーキ・ソッケルカーカはそのひとつです。

スイーツのためのスパイス、バニラビーンズ

スイーツのためのスパイス・バニラビーンズはスイーツ全般に利用され、甘くとろける香りはスイーツになくてはならないものです。

莢に包まれたバニラビーンズは、中の黒い種をこそぎだして使います。バニラエッセンス・バニラオイル・バニラシロップは、バニラビーンズをアルコール・オイル・シロップに漬け込み、バニラの香りを抽出したものです。保存がきき、簡単に香りが出るので便利ですが、やはりバニラビーンズそのものの豊かで気品があり、深くスモーキーな香りにはかないません。

ここぞという時の勝負スイーツにはぜひバニラビーンズをお試しください。

チーズやヨーグルトのクセを活かす、ピンクペッパー

ピンクペッパーは辛味がなく、胡椒の香りを楽しめるスパイスで、チーズとの相性が抜群です。ピンクの可愛らしいルックスもスイーツのアクセントにピッタリで、ベイクドチーズケーキのトッピングにすれば、コーヒー・紅茶のお供だけでなく、ワインとも合う大人のスイーツに。砕いてチーズサブレに利用すると、チーズの香りを上手に引き締めます。

他にもヨーグルトケーキや、マスカルポーネチーズを加えたヨーグルトムースにもおすすめです。

柑橘系スイーツのお供、ローズマリー

ローズマリーは柑橘系との相性が良く、クッキーやパウンドケーキ・シフォンケーキ・タルトに柑橘類と混ぜて焼くと、柑橘類の爽やかな香りと相まって、ローズマリーの甘い香りがたってきます。他にもこけももやクランベリーなど、甘味が強くない果物と合わせてカップケーキ、カモミール・バジルと一緒にクッキー・パウンドケーキもハーブの爽やかな風味をたっぷり楽しめます。

また、焼き上がった時の素晴らしい香りは、作った方だけに与えられた特権です。ぜひ感じてみてくださいね。

スパイスとハーブの香りでスイーツをおしゃれに

スパイスとハーブを利かせた大人味のスイーツは、気の利いたおもたせにもおすすめです。おしゃれで意外性もあり、スパイスとハーブの薬効も得られるヘルシースイーツなので、ちょっとした集まりにもオススメです。