食べたことが無い方には未知の味ですよね。スパイスと言われると、カレーを連想する方も多いのではないしょうか?実は、スパイスにも甘いお菓子と相性が抜群なものも多いのです。お菓子作りにはかかせない”バニラビーンズ”も実はスパイスの一種でもあります。ではクッキー作りをする上で、どんなスパイスを用いると美味しくなるのでしょうか?定番のバニラビーンズはもちろん、大人の味に変身させるスパイスもご紹介できたらと思います。

お菓子作りの鉄板!バニラビーンズはクッキーとも相性抜群!

バニラビーンズは、ラン科の植物の一種です。実は、採れたてのさや状のバニラビーンズは、あまり香りがありません。じっくりと時間をかけて発酵させることで、バニラビーンズ特有の香りを出すことができます。お菓子作りに使う際には、さやの中の種(ビーンズ)を取り出したものを使います。バニラアイス等の黒い粒は、このバニラビーンズなのです。バニラビーンズ自体は、実はとても高価なものなので、手軽購入できるバニラエッセンスが値段も手ごろで、保存もしやすいことからこちらの方が家庭に置かれていることが多いのではないでしょうか?ただし、厳密に言えば、スーパーで低価格で購入できるバニラエッセンスと、バニラビーンズは同じものではありません。”合成バニリン”という人工的に作られたバニラの香りをオイルやアルコールにつけたものなのです。本格的なバニラの香りを求めているのであれば、バニラビーンズそのものを買うのがおすすめです。こだわりを持ったプロのパティシエさんであれば、産地や品種を厳選して使い分けることで、お菓子の味に差を出すという方法をとります。クッキー作りの際に、使用する場合は、さやの中のビーンズをこそいで、焼き上げる前のクッキー生地に練りこんでください。残ったさやはどうするの?勿体ない!と思う方は、料理用とは別に砂糖の中に乾燥させたさやをいれておけば、香りが移って、バニラシュガーができますよ。また、カスタードクリームを作る際の工程の中に、牛乳を温めることがありますが、その際にさやを浸しておくことで、バニラの香りがふんわりただようミルクにすることができます。バニラエッセンスでももちろんクッキー作りは美味しくなりますが、香りをより楽しむのであれば、バニラビーンズを使用して本格的なクッキーを作ってみてはいかがでしょうか?

変わり種スパイシークッキー!

スパイスを使った手作りカレーの際には、必ずといっていいほど使われるのが”クミン”です。このクミンは、カレー特有の良い匂いの大部分を占めるスパイスなのです。一見料理にしか向かないようなスパイスですが、クッキー作りに使用することで、食欲をかきたたせるような刺激的で大人の味を感じさせるクッキーになります。クルミやナッツ等も一緒にいれて、焼き上げてみてはいかがでしょうか?

アップルパイやフレンチトーストに相性抜群なシナモンをクッキーにいれたら?!

シナモンは、クッキーとも相性が抜群なのをご存知でしょうか?シナモンの香りがふわっと香る大人の味に変身させることができます。オートミールや、くるみなどのナッツ類を一緒に生地に混ぜ込んで焼き上げてみてください。シナモンの香りが苦手でない方は、きっとやみつきになることでしょう。