料理に甘い香りと苦みを与え、臭み消しにも利用されるナツメグは、比較的有名なスパイスで、普段あまりスパイスを使わない方も耳にしたことがるのではないでしょうか。

ナツメグがメジャーなスパイスとなったのは、その使い道の多様さ。製菓から料理の風味付け・臭み消しなどに利用され、様々な食材のおいしさを引き出し、食材やスパイスを選ばない相性の良さが、ナツメグが世界で愛される所以だと思います。

そんなナツメグの効果や効能、ナツメグの魅力を活かした使い方を紹介します。

甘いお菓子に奥行きを与えるスパイス・ナツメグ

ナツメグはニクズク科の植物の種から作られるスパイスで、種の外皮はメースというスパイスとして、ナツメグは種の中の仁から作られます。ナツメグとメースは似ていますが、メースの方が若干苦みが少なく、その繊細な甘い香りは製菓に利用されます。

ナツメグの方が甘い香りの中にほろ苦さや刺激的な香りを感じられ、加熱することで苦味が和らぎ甘い香りが立ち上ります。甘いお菓子に加えることでエキゾチックな風味はそのままに、お菓子の甘さをより引き立てる効果があります。

そんなナツメグの製菓への利用範囲は広く、プディングやクッキー・ケーキの風味付けの他、フルーツとの相性も良いのでフルーツを使ったパンやパイ、ジャム・コンポートにも利用されます。

乳製品との相性抜群!チーズ・牛乳への使い方

ナツメグはチーズなどの乳製品との相性も良く、例えばホットミルクにナツメグを少々加えることで牛乳特有の臭みを和らげ、身体を温める効果が増します。これはホワイトソースを作る際にも応用でき、グラタンにナツメグを加えることで、とろりとリッチな味わいの中にかすかなほろ苦さや甘い香りが加わり、臭みを抑えつつよりクリーミーに感じられます。

ミルクココアに加えれば、よりカカオの風味が立ってきます。先述したようにフルーツとの相性も良いので、クリームチーズとドライフルーツを混ぜナツメグを少量加えれば、ドライフルーツの甘味が際立ちます。このように乳製品のクセを抑え、一緒に使うほかの食材の風味を際立たせることも出来るのです。

また辛味が苦手な方はピザに加えることで、辛味を感じることなくピザにさっぱりとしたキレを感じられることが出来ます。

ナツメグといえば肉!テッパンな使い方

ナツメグといえば肉料理の臭み消し。ナツメグの初めての使い方に、ハンバーグのタネに臭み消しとして混ぜる、という利用法があげられると思います。他にもパテやテリーヌ・ミートローフにも、セージなどのハーブと加えることで肉の臭みを消し、肉の旨味を引きたてます。

また、ナツメグは消化を促進し胃腸を整える効果もあるので、肉料理に加えることで胃もたれ防止になります。ロールキャベツにはタネに加える以外にも、煮込むスープにハーブなどと一緒に加えたりすることで、ナツメグのもつ血流促進効果が活かされ身体を温める効果が得られます。

さらにナツメグには肉類に多く含まれるビタミンB1の吸収をよくする効果がありますので、糖質・脂質の代謝を助けダイエット効果もあります。

ナツメグを使う際の注意点

こんなにたくさんの料理に利用できるナツメグですが、ナツメグには毒性があります。

一般的に5g以上摂取すると幻覚症状が現れ、10gが致死量と言われています。小さじ1杯のナツメグは1.5gなので、5gで小さじ3.3杯、10gで小さじ6.7杯です。

常識の範囲内でナツメグを楽しんでいれば、一日でこれほどの量を摂取することはないと思いますが、頭に入れておくと安心ですね。