スパイスにあまり詳しくない方でも、料理をしたことがある方なら同じスパイスでも「ホールスパイス(粒)」と「パウダースパイス(粉)」があることはご存知だと思います。ホールスパイスはスパイスの種、もしくは果実を乾燥させたもので、パウダースパイスはそのスパイスを粉状に細かく挽いたものです。その2つのスパイスの「パウダースパイス(粉)」を利用することの利点や、使い方のポイントを解説します。

粉のスパイスの利点【色・香りが立ちやすい】

ホールスパイスは種類によって香りが出にくいものがあり、場合によっては使う前に砕いたり、調理の最初の段階で火を入れなければ香りが立たないものもあります。一方、粉のスパイスは香りが立ちやすいため、調理の最後に加えるものが多いです。煮込み料理の最後に加えることで華やかなスパイスの香りが強調されるので、種類によっては食欲増進に効果的ですし、インパクトのある香りはそれだけで食卓に彩りを与えてくれます。また色付けのためにスパイスを加える時は、粉のスパイスのほうがムラにならずにキレイに色づきます。

粉のスパイスの利点【少量を粉状に挽くのは大変】

「ホールスパイスがあれば、使うときにミキサーで挽けば良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かにそうなのですが、一般的なミキサーですと、家庭で使用する分量だけ粉状に挽くのは難しく、どうしてもムラになりがちです。そしてスパイスは加熱しなくても香りが強いので、何度も挽いているうちにミキサーに匂いがついてしまいます。粉状に挽くスパイス専用のミルがあれば問題ありませんし、ある程度粒が残っても構わない方なら大丈夫です。

粉のスパイスの利点【炒め物もムラなく仕上がる】

炒め物にスパイスを使うときは、粉のスパイスの方が便利です。ホールスパイスですと調理の最初にスパイスを加え、油に香り・風味を移して素材に絡めるため、種類によっては香りのインパクトが弱くなります。粉のスパイスは調理の途中に加えることで素材との絡みも良くなりますし、足りなければ後から調整しやすいのです。

粉のスパイスの利点【まぶすなら粉のスパイス】

調理法によっては臭みけしのため、素材にスパイスを直接すり込んだり生地に練りこんだりすることがあります。これはホールスパイスですと不可能なので、粉のスパイスが必要となります。

粉のスパイスの欠点

便利な粉のスパイスも欠点があります。まず、香りの持続力が弱いので、調理の最初に加えると香りが飛んでしまう可能性があります。煮込み料理にスパイスを効かせたいときは、調理の最初の段階で全体の香りのベースを作り、最後に粉のスパイスで香りを強調するため、どうしてもホールスパイスが必要になります。全てを粉のスパイスで煮込み料理を作る場合、調理の最後に粉のスパイスをなじませて仕上げるため、少しエッジが立った仕上がりになりやすいのです。

手軽な粉のスパイスを使いこなそう

粉のスパイスとホールスパイスはそれぞれ役割がありますので、使うタイミングが違います。粉のスパイスはいわば“香りの調整役”で、香りが足りないときは簡単に加えることが出来ますし、仕上げに加えればそのスパイス本来の香りを印象付けることが出来ます。またお菓子作りなどは、粉のスパイスの方が活躍する場面が多いように思います。皆さまも両方のスパイスを使いこなして、スパイスライフを楽しみましょう。