ドライハーブと塩をブレンドした「ハーブソルト」は、さっと手軽に料理に風味を与えられるのが魅力の調味料です。素材を選ばないので肉・魚・野菜、ほとんどの料理に使うことができ、ハーブそのものを料理に使うこととは違い細かいテクニックも必要ないので、常備しておくと便利です。

ご家庭で簡単に手作りできるハーブソルトのアイデアをご紹介します。

ヨーロッパの香り漂うハーブソルト

ローズマリーやタイムなど、個性が強いハーブを料理に使うときに、使い慣れない方が失敗しやすいのが「ハーブの使いすぎ」と「火を通す時間が足りない」ことです。しかしこれらのハーブをミックスしたハーブソルトを軽くふりかけるだけで使用量が抑えられ、細かく切ってあるので少量でも香りがすぐに飛び出します。

ローズマリーやタイムと相性の良いハーブは、オレガノ・イタリアンパセリ・ペッパー・ガーリック・フライドオニオンなどです。これらのハーブをブレンドしたハーブソルトは肉や魚に最適。ローズマリー・タイムの清涼感が肉や魚の臭みを抑えつつ爽やかな香りを与え、オレガノは香ばしさを、イタリアンパセリはほのかな苦みを与え、味に深みが増します。ガーリックとペッパーが食欲を掻き立て、フライドオニオンのほのかな甘味が塩だけではない味わいを醸し出します。

また、スープの仕上げにひと振りするだけで、手の込んだ料理という印象を与えてくれます。

サラダにおすすめシトラス系ハーブソルト

レモンピールはブラックペッパーとの相性抜群です。他にもクミンやジンジャー・レモングラスをプラスすれば、爽やかさとエキゾチックな華やかさをプラスすることが出来ます。

レモンピールはレモンの皮なので、酸味を加えることなく料理にレモンの香りをつけることができ、応用範囲が広がるのもポイント。ブラックペッパー・クミン・ジンジャーはどれも個性の強いスパイスですが、これらをブレンドすることで突出した個性がなくなり、お互いを引き立てながら調和します。

クミンは消化吸収に優れ、ブラックペッパーは代謝を促進してくれますので、アクセントだけでなくダイエット効果も期待できます。ジンジャーは身体を温め血流を促進に、レモングラスはレモンに似た香りとほのかな苦みを与え、料理をスッキリと仕上げてくれます。

これらのハーブをブレンドしたハーブソルトはサラダや野菜炒めに最適。他にもカルパッチョ・魚のソテーの仕上げにおすすめです。

万能調味料・ハーブソルトの作り方

ハーブソルトは作り方も簡単で、基本的にお好きなハーブと塩を混ぜるだけで完成します。

ミルにドライハーブを入れ、軽く砕いたら、お好きな塩を加えて再びミルにかけて出来上がりです。

ミルで粉砕するのは好みで、食感を残したいときは軽く混ぜる程度に留め、粉状にして使いたいときはよく回してください。ハーブと塩の割合もお好みで。あまり神経質になることはありません。

また、フレッシュハーブをハーブソルトにする方法もありますが、どうしても残った水分で塩が結晶化してしまうので、あまりおすすめできません。どうしてもフレッシュハーブを使いたいときは、ある程度乾かし、早めに使い切りましょう。

ハーブを使った調味料を活用して、料理を簡単に楽しむ

自家製ハーブソルトはお好みの塩とハーブを混ぜるだけで簡単にでき、好きなハーブをカスタマイズできるのがポイント。トーストしたパンにオイルとハーブソルトをかけたり、パスタにからめたりオムレツに混ぜたりと、アイデア次第で使い方はどんどん広がります。

グリルした肉・魚・野菜にふりかけるだけで薬効も得られ、料理がおいしくなる魔法の調味料です。お好きなブレンドを見つける楽しさにハマること間違いなしですね。