諸外国では、普段の家庭料理にスパイスやハーブを使うのはごく当たり前の事。日本でも近年はスパイスとハーブの健康効果や、料理に取り入れることで料理がランクアップする事が広まり、徐々にスパイスやハーブを家庭料理に取り入れるシーンが増えてきたように思います。そこで、スパイスとハーブの知識をさらに深めるため、スパイスとハーブの違いについて解説したいと思います。

スパイスとハーブには明確な境界線はない

現在、スパイスとハーブの違いについて、厳密に決められた定義はありません。一般的には香りや薬効がある植物の、種や実・樹皮をスパイスと呼び、花や葉・根の部分をハーブと呼ぶことが多いのですが、明確に区分されているわけではないようです。例えば、コリアンダーの種はスパイス、パクチーと呼ばれる葉の部分はハーブ、といった具合です。

しかし例外も多く、「クローブ」は花の蕾を熟成・乾燥させたもので、この分類法ですとハーブにあたりますが、一般的にクローブはスパイスに分類されています。他にも植物の根であるリコリスはハーブ、しかしターメリックやガーリックのように、一般的にはスパイスと呼ばれる根もあります。

このように一概には言えないのですが、大きな分類としては上記のような傾向にあります。

では、スパイスとハーブの共通点とは、なんでしょうか。

スパイスとハーブの共通点・華やかな色と香り

スパイスとハーブは利用することによって、料理やお茶に華やかな香りを与えてくれます。この香りは、シーンや心の状態によって使い分けることで鎮静作用が得られたり、反対に沈んだ気持ちを前向きにさせる効果があります。香りの効果は他にも、素材のクセを和らげたり臭みけしに利用されています。

また料理にキレイな色を付けることで、食欲増進効果もあります。

このように、スパイスとハーブは香りと視覚の両面を際立たせるので、味以外のアプローチが加わることで、料理や飲み物をより立体的に感じられる効果が期待できます。

他にもスパイスとハーブを料理や飲み物にプラスすることで、塩分や糖質を減らしても物足りなさを感じることなく食事を楽しめたり、辛味・渋味・苦味が料理に変化をつけたり、様々な効果が得られます。

スパイスとハーブの共通点・天然由来

スパイスとハーブは植物から得られる自然に根差したものです。自然植物には毒性があるものもあり、自然由来だから全てが安全とは言えませんが、化学的な調味料・香辛料に含まれる有毒性は少ないので、比較的安心でヘルシーな香辛料であるといえます。

スパイスとハーブの共通点・薬効が得られる

スパイスとハーブにはそれぞれ健康効果が含まれています。

例えばクミン・ナツメグ・セージは消化促進・健胃作用、カルダモン・フェンネル・カモミールは整腸作用、シナモン・セーボリー・ジンジャーは血行促進など。

インド・スリランカでは、スパイスとハーブを薬効を活かした予防医学・アーユルヴェーダの考えが根付いていますし、中医学もその影響を受け、スパイスやハーブの薬効が薬膳の中に活かされています。

スパイスとハーブの違い

スパイスとハーブの明確な分類はありませんが、大きく分けて葉や茎・花と種・実に分けられます。またヨーロッパの歴史では、自生するローズマリーやタイム・フェンネルはハーブで、胡椒・オールスパイスなどの熱帯の国から輸入するものはスパイス、といった分け方もあったようです。しかしあまり深くとらわれずに、こういった分類を頭に入れながら日々の料理に使っていくことで、自分の中で自然と分類されていくものだとも思います。まずはスパイスとハーブを手に取って、使ってみましょう。