”最近、汗をかく量が減ってしまった”、”冷性に悩んでいる”、”食べている量は少ないのになかなか体重が減ってくれない”等、身体の悩みに悩んいる方は、非常に多いと思います。

もしかしたら”体質”を変えることで、その悩みが解決されるかもしれませんよ。その体質を変える秘訣は”代謝”にあります。実は代謝をあげることができれば、体質を変えることができるのです。

そこで、代謝を上げてくれるスパイスの魅力について迫ってみました。

代謝を上げる効果が期待できるスパイスとは?

代謝を上げるために用いるスパイスは、できるだけ応用が効く馴染みのあるスパイスだと手に取って挑戦しやすいのではないかと思います。

・ブラックペッパー
別名を黒コショウとも良い、血のめぐりを良くしてくれる作用から、体質自体の改善にも効果が期待できるダイエットには有能なスパイスです。肉料理や炒め物で香りのアクセントとして使われる用途が非常に多いスパイスですが、変わった食べ方として、ブラックペッパーをヨーグルトにかけて、食べても美味しいそうです。意外と相性が良く、ヨーグルトだと腸内環境も整えてくれる作用がありますので、一度で二度嬉しい効果が期待できるのではないでしょうか?ブラックペッパーとヨーグルトで便秘、冷性も改善しましょう。

・生姜
生姜もどの家庭でも必ずと言っていいほど置かれているスパイスではないでしょうか?別名をジンジャーとも言い、料理はもちろんお菓子にも用いられ、使用の幅が広いスパイスです。身体を温めてくれる効能を発揮し、腸内環境を整えてくれる働きを発揮します。身体を温める作用があることは、代謝アップの期待もできます。ダイエット等で代謝を上げたい方は、アップルティーなどの紅茶のフレーバーに、生姜チューブ混ぜて飲むのもおすすめです。レモンティーも相性抜群です。

・ニンニク
世界中で愛されている香りの強いスパイスです。ニンニクには代謝を上げる効果があるのはもちろん、スタミナをつけれるスパイスとしても有名です。疲労回復、滋養強壮にとても有効です。ニンニク特有の香りの成分”アリシン”がこの効能を発揮します。身体に良いからと毎日食べていると、体臭にもあらわれてきますので、注意しておきたいスパイスでもあります。他の代謝を上げてくれるスパイスと合わせて取り入れてみるのが、最もいい方法だと思います。

意外と美味しい食べ方は、野菜たっぷりのポトフに、ニンニクを塗ったフランスパンを浸しながら食べると美味しいですよ。ダイエットを考える方には、なるべく油分を控えてアレンジを加えるとヘルシーだけど美味しいレシピになります。気になる方は、試してみてくださいね。

・赤唐辛子
辛いスパイスの代名詞ともいえるスパイスです。発汗作用があり、身体を温めてくれる効果が期待できます。当然代謝を上げてくれるスパイスでもあります。この働きを促してくれるのが”カプサイシン”という成分です。これは、脂肪燃焼や育毛にも効果を発揮してくれる成分だと言われているのです。冷え性でお悩みの方は、赤唐辛子を食べることで体質を改善できるかもしれません。それは、”カプサイシン”をとても多く含むスパイスが赤唐辛子だからです。食べすぎずに適度に摂取することをおすすめします。

上手く量を調整して摂取するのが代謝を変える秘訣!

代謝を上げるために有能だから、大量に食べることは控えてくださいね。それぞれのスパイスは取り入れれば取り入れるほど、効果が期待できるものではなく、量が多すぎると逆効果になる時もあります。代謝を上手にあげるためには、適量をバランス良く取り入れることが大切なのです。