絵になる可愛らしい見た目とは裏腹に、力強さと優雅さを兼ねそろえた香りをもつローズマリーは、地中海料理には欠かせないスパイスです。またヨーロッパでは、古くは「魔除けのハーブ」として儀式などに利用されていました。

そんなローズマリーも現代では、高い抗酸化力から「若返りのハーブ」といわれ、特に女性の美と健康に様々な効果を発揮します。ローズマリーの効果効能と共に、ローズマリーの賢い使い方をご紹介します。

清涼感はローズマリーの気品

強い清涼感のある香りを放つスパイス・ローズマリーは、肉や魚料理の臭み消しに最適。その香りは調理の最初の段階で使っても、料理を食べ終わるまでしっかり感じられるほど持続性があります。そのためローストチキン・アクアパッツァの臭み消しや香草焼き、煮込み料理の下ごしらえに使われます。

調理の最初の段階に使われることが多く、長く加熱されているうちに他のハーブと香りがなじみ、優雅さを携えた清涼感に変化していくところもローズマリーの醍醐味。ローズマリーは、料理をさっぱりとした香りで包み込むだけでなく、健胃・強壮・血行促進効果があるので、胃もたれせずに食後をすっきりと迎えられます。そのため、油の強い肉を使ったローストや煮込み料理に相性抜群です。

鮮烈さのある甘い香りとほろ苦さを活かした使い方

ローズマリーの香りは臭み消しだけでなく、その鮮烈な香りを活かして料理を香り高く仕上げる使い方があります。例えばフォカッチャなどのパン生地に練りこんだりポトフに加えることで、単調になりがちな料理に香りのアクセントで変化を加えることが出来ます。

また、野菜や豆のスープにローズマリーを加える時は、ローレル・タラゴン・タイム・オレガノなど相性の良いハーブを混ぜることで、ローズマリーの清涼感が強く出すぎず、複合的な香りを楽しむことが出来ます。これらのハーブを使った香草焼きも、肉・魚の臭みを消しながら、食欲増進効果のある香りを楽しめる調理法です。

さらに、もっと柔らかく香りを楽しみたい方は、ローズマリーオイルがおすすめ。オリーブオイルにローズマリーを枝ごと漬けるだけででき、パスタやピザにかけると、ローズマリーの爽やかな香りを上品に楽しむことが出来ます。

優雅な香りはローズマリーの優しさ

ローズマリーは頭をスッキリさせる香りから、集中したいときや気分転換、朝のお目覚めにおすすめのハーブティーです。この効果は香りだけでなく、飲むことで脳を活性化し、認知症の原因といわれるβアミロイドタンパク質を除去する効果があります。

そんなローズマリーは血行を良くし、気管支炎やアレルギーの緩和にも効果を発揮しますので、温めて飲むのがおすすめ。単体では飲みにくいという方は、はちみつを少量加えたり、レモングラス・カモミールなどとブレンドすると飲みやすくなります。これらのハーブにローズマリーを少量ブレンドして飲むことで、スッキリとした中にも優雅な香りが立ちのぼります。

入浴にも!多彩な使い方でローズマリーを楽しもう!

ローズマリーの甘く爽やかな香りは、まるで森林浴をしているかのような爽快感があり、入浴時に使えば疲労回復・ストレス解消にも効果的なスパイスです。肌を引き締める収れん作用も期待できますので、食事に飲み物にお風呂に、様々なシーンでローズマリーを楽しみましょう。