よく料理レシピなどで「大さじ1杯」「小さじ1/2杯」と、調味料の分量が書かれていますが、“1/2杯”や“2/3杯”を正確に測るのは難しいものです。大さじ・小さじが用意されていない時もありますし、計量器がない時もありますよね。

そこで料理するときによく使う調味料をいくつかピックアップし、“この調味料大さじ1杯は〇ml”や“このスパイス小さじ1/2杯は〇g”など、それぞれのご家庭ではかりやすい単位に換算し、ご紹介します。料理の際の参考になさってくださいね。

小さじ1・大さじ1の調味料は計量カップで何ml?

液体調味料の小さじ1杯は5ml、大さじ1杯は15ml、1カップは200mlを指します。

また、日本と外国の1カップは違います。アメリカでは1カップ240ml、イギリスでは285ml、オーストラリアでは250mlです。日本と外国では小さじも大さじも違いますので、外国の料理本を参考になさるときは、その国の軽量方法を調べてから量ると確実です。

液体調味料の計量スプーンを重さに換算

水・酒・酢・ワイン・牛乳・生クリーム 小さじ1:5g 大さじ1:15g 1カップ:200g
サラダオイル・ラード         小さじ1:4g 大さじ1:12g 1カップ:180g
醤油・みりん・ウスターソース     小さじ1:6g 大さじ1:18g 1カップ:230g

半液体調味料の計量スプーンを重さに換算

バター・マーガリン・マヨネーズ 小さじ1:4g 大さじ1:12g 1カップ:180g
練り胡麻・ケチャップ      小さじ1:5g 大さじ1:15g 1カップ:210g
みそ              小さじ1:6g 大さじ1:18g 1カップ:230g
はちみつ・水あめ・ジャム    小さじ1:7g 大さじ1:21g 1カップ:280g

粉末調味料の計量スプーンを重さに換算

粉状の調味料はそれぞれの粒の重なり具合が違うので、小さじでは同じ重さでも1カップになるとかなり違うものもあります。そのため同じ塩でも、精製塩とあら塩では1カップで比べると、かなり違いがあります。

あら塩    小さじ1:5g 大さじ1:15g 1カップ:180g
精製塩    小さじ1:6g 大さじ1:18g 1カップ:240g
上白糖・ごま 小さじ1:3g 大さじ1:9g 1カップ:130g
グラニュー糖 小さじ1:4g 大さじ1:12g 1カップ:180g
粉糖     小さじ1:3g 大さじ1:9g 1カップ:100g
三温糖    小さじ1:4g 大さじ1:13g 1カップ:170g
粉チーズ   小さじ1:2g 大さじ1:6g 1カップ:90g

スパイスの計量スプーンを重さに換算

カレー粉・粉わさび 小さじ1:2g 大さじ1:6g 1カップ:80g
胡椒        小さじ1:2g 大さじ1:6g 1カップ:100g

また、シナモン・ナツメグ・クミンなどのパウダースパイスは、だいたい小さじ1杯が2gです。これらのスパイスはあまり大量に使うことは少ないと思いますので、カレー粉を参照に頭に入れておくと良いでしょう。

調味料によって重さが違う小さじ1杯

調味料はその種類によって重さが違うため、調味料ごとに小さじ・大さじでの重さが違います。そして粉や顆粒状の調味料ですと、粒の大きさによって重なり方が違ってきます。例えば同じインスタントコーヒーでも粉状のものと顆粒のものでは、大きく差が出ます。そういったことを頭に入れておくと、調理の際に役に立つかもしれません。

そしてしっかり量っていても、必ず味見をする習慣をつけましょう。なぜ量るのかという視点で考えてみると、それはすべて「料理をおいしくいただくため」につながってきます。

量はあくまでも一般的な目安です。個人の好みや健康状態に合わせ、美味しく料理を楽しみましょう。