山椒は、どんな時に使う調味料ですが?多くの人が連想する使い方としては、うなぎを食べる際に使う調味料だと考える方が多いのではないかと思います。山椒の魅力はうなぎにかけるだけなく、いろいろと活用することができるのです!そこで、山椒の魅力を公開します!

山椒とはどんな調味料?

ミカン科サンショウ属といわれており、成熟していない実と、若芽、成熟済みの皮を使って作られているのが山椒です。中国でも古くから愛されているスパイスで、漢方薬としても用いられてきました。日本原産の山椒は、日本最古のスパイスとも言われ、古くは縄文時代から愛されているスパイスなのです。香辛野菜としてうなぎの蒲焼の臭み消しにはもちろん、お味噌汁に入れたり、七味唐辛子の中にも使われているスパイスなんですよ。

山椒の健康効果

山椒の嬉しい健康効果の代表的なものとしては、胃腸の働きを回復する働きがあることです。身体を温める効果もありますので、冷え性で悩む女性には嬉しいですよね。効能について、箇条書きでまとめてみました。

・食欲増進の効果
胃腸の働きを良くする効果と合わせて、山椒には胃腸を刺激して、食欲を増進させる働きがあるスパイスでもあります。うなぎの蒲焼に山椒をかけるのは、単に臭みを消すだけでなく、食欲を増進させ、スタミナをつける意味もこめられているのです。夏の暑い時期に、スタミナをつける食べ物としても有名ですが、山椒も関わっているんですよね。ちなみに、防虫効果もあり、食中毒予防にもなります。

・しもやけやあかぎれ等の冬場の皮膚トラブルに
皮膚トラブルを起こした患部に、山椒の皮を煎じたものを当てて、なじませることで、血液のめぐりを良くして治りを早くしてくれます。

・脂っこいものを食べた後の胃もたれにも有効的
山椒の皮には、胃もたれを回復してくれる成分が含まれています。胃腸の働きを活性化し、辛味成分が保温もしてくれますので、脂っこいものを食べた後にはぜひ積極的に取りたいスパイスでもあります。

・喘息を緩和してくれる
山椒から抽出した油には、喘息を抑える働きがあります。

・体内の悪い虫を駆除する力がある
虫によって、お腹を下した際には、山椒が入った物を胃に入れることで、体内の虫を駆除して、胃腸の働きを回復してくれる効果があります。

山椒を使ったレシピ

・山椒を使った大人のフライドポテト
フライドポテトを家で揚げた際に、さわやかな緑色の香りの強い山椒を振りかけるだけでできます。山椒特有の香りとピリピリと刺激のある味わいは、フライドポテトを大人の味に変身させてくれます。振り掛けるだけのお手軽レシピなので、手軽に作れますし、お酒のおつまみとしても相性抜群ですので、ぜひ家庭でも作ってみてくださいね。

・麻婆豆腐にパパッと振りかけて、より刺激的な味に!
麻婆豆腐とも実は相性が抜群なのです。家庭によって家族内で辛さの好みが出る料理ですが、パパット振り掛けるだけで、辛味をプラスすることができるので、一瓶あれば辛いものをプラスしたいときには重宝しますよ。

・エリンギと牛肉の炒め物等にプラス
野菜とお肉の炒め物にも一振りプラスしてみてください。手軽に一振りするだけで刺激を足すことができ、風味を増すことができますので、辛さを足したいお父さんやお母さんには皿に持った際に振り掛けると良いですよ。