スパイスは世界に数百種類あります。なかでも「胡椒」「ナツメグ」「グローブ」「シナモン」は世界4大スパイスと呼ばれスパイスランキングでも上位を占めています。日本において人気の高い「胡椒」は、8世紀ごろに日本に伝わりました。奈良の正倉院には、薬物60種のリストと40種類のスパイスが現存し「胡椒」も貴重な薬物として納められています。

スパイスは古くから漢方薬や調味料に利用されてきました。現代も飲食業界や食育の分野などにおいてスパイスの知識が必要とされています。仕事や家庭料理に役立つスパイスの資格を紹介します。

スパイス香辛料アドバイザー

スパイス香辛料アドバイザーは、日本安全食料料理協会の認定資格です。受験料は10000円で70%以上の評価で合格。受験は在宅受験で申し込みはインターネットから。スパイスの種類、歴史を学びスパイスを有効に活用できることを証明する資格です。カレーの専門店において、スパイス香辛料アドバイザーの知識が役立ちます。

スパイスインストラクター

スパイスインストラクターは、日本インストラクター協会の認定資格です。受験料は10000円で70%以上の評価で合格。インターネットから受験申請を行い、在宅で受験できます。スパイスの効能や作用を理解しスパイスを適切に使えることを証明する資格です。カルチャースクールでも人気のスパイス講座。スパイスの魅力を人に伝える仕事にも役立ちます。

スパイス&ハーブ検定

スパイス&ハーブ検定は、公益財団法人 山崎香辛料振興財団の認定資格です。3級から1級まであり80%以上の評価で合格。受験料は3級で4900円です。3級は、スパイスやハーブの基本的な知識を持ち、料理や日々の生活に取り入れられることを証明する資格です。
エスビー食品もスパイス&ハーブ検定に協力しています。

調味料の知識が役立つ仕事、年収は?

食品メーカーの商品開発職やカルチャースクール、食育教室の講師、パティシエ、調理師など、調味料の知識をいかし活躍できる場はたくさんあります。年収は、商品開発職が432万円~。料理教室や食育教室は、主婦などが副業で行う場合は、100万円前後。専門で行う場合は、約200万円~。パティシエが311万円~。調理師が332万円~。となっています。

料理の可能性が広がる スパイスの世界

スパイスの資格を2つ取得できる講座が人気を集めており、「料理に興味がある」という理由からはじめています。勉強系の資格と比較して、覚えたことを料理にいかし楽しく資格が取得できることから、スパイス資格は口コミでも評判が高いです。

なりたい専門家になるには、それに向けた資格取得が近道。スパイスは、食欲をそそる香りづけや肉、魚の臭みを抑えたり、ピリッとくる辛味や刺激を加えたり、色をつけたり料理には欠かせないアイテムです。また、食欲増進や疲労回復、消化吸収促進などスパイスの持つ効能は健康維持にも役立っています。自宅で手軽に学べる通信教育や通信講座で、おいしく健康に、趣味の世界を広げませんか。