肉・魚の臭みを取り、味を染み込みやすくしたり味に深みを与えたり、料理に様々な効果をもたらす「料理酒」は、私たち日本人の食卓には欠かせない調味料です。しかし、いざ使うときに、うっかり切らしてしまうことも多いのではないでしょうか?

そんなときは、他の類似した調味料で一時的に代用することができます。ここでは料理酒がないときに、他の調味料で代用する方法をご紹介します。

料理酒がないときの代用調味料・日本酒に味わいをプラス!

料理酒は米・米麹を発酵させ、糖類・醸造アルコール・食塩・酸味料・旨味成分などを添加することで作られた調味料です。料理酒のアルコール度数は14%ほどで、食塩などを添加する前は日本酒と似ているので、日本酒に甘味料や食塩をプラスすることで代用することができます。

しかし日本酒との違いは添加する成分以外にも、好適米を使っているか否かや、米の精米度によっても違いますので、単純に味を加えれば良いわけではありません。料理酒には日本酒にはない雑味や、旨味成分であるアミノ酸が多く含まれており、日本酒には料理酒にはない香り高さがあります。できるだけ料理酒を用いた味わいに近づけるためには、以下の点に気を付けて代用してみてください。

  • 香りを飛ばすため、料理酒より早いタイミングで日本酒を加える。
  • 甘口の日本酒を利用する。
  • 味を補うため、塩・砂糖を増やす。
  • 風味やコク深さを補うため、濃いめの出汁を使う。

また、料理酒に含まれる塩には利水作用があるため、早いタイミングで料理酒を加えてしまうと硬くなるというデメリットがあります。しかし日本酒には塩が含まれていないので、うまく風味を加えることができれば、料理酒よりふっくら柔らかく仕上げることができます。せひ利用してみてください。

料理酒がないときの代用調味料・本みりんに塩をプラスする!

料理に上品な甘味や深いコクと旨味を与え、煮崩れにくく艶やかに仕上げる本みりんは、料理酒と非常によく似た特徴を持つ調味料です。本みりんは、もち米・米麹・醸造アルコール・糖類などで作られるので、原材料もアルコール度数も大きな違いはありません。

そんな料理酒と本みりんの違いは、塩が含まれているか否かや、甘味・旨味の強さにあります。糖化熟成により作られる本みりんのほうが甘味や旨味が強く、料理酒には2%程度の塩分が含まれているため、塩味が強いと感じられると思います。そのため調味の際は、以下の点に気を付けて代用しましょう。

  • 料理に加える砂糖などの甘味料の量を減らす。
  • 料理全体の塩味を増やす。
  • 料理酒を使う分量より本みりんの量を少なくし、日本酒をプラスする。

またみりんには、本みりんとみりん風調味料がありますが、みりん風調味料にはアルコールがほとんど含まれていないので、料理酒の代用には不向きです。料理酒もみりんもなく、みりん風調味料があるときは、みりん風調味料と日本酒を合わせて使いましょう。

調味料をアレンジして料理酒風に!

他にも料理酒の代用候補としては白ワインがありますが、料理酒に比べ白ワインは酸味が強いため、本みりんや日本酒に比べると代用としては劣ります。また赤ワインでは色がついてしまいますし、酸味だけでなく渋味も強くなるため、代用できる料理はかなり限られることとなるでしょう。焼酎は料理酒よりアルコール度数が高いことや旨味が少ないこと、乙類の焼酎には特有の香りがあるため、料理酒の代用には不向きです。

このように料理酒がないときに代用できる調味料は限られています。料理酒は開戦後、冷蔵庫で約半年ほど保存可能なので、時々残量をチェックし買い置きをしましょう。