漢方で使われる生薬では茴香(ウイキョウ)とも呼ばれるフェンネルは、葉はセリ科の爽やかな香りを楽しむハーブとして、種はアニスや八角に似た甘い香りと、ほろ苦さを伴う爽やかさを活かしたスパイスとして人気です。

そして太く丸い根茎や茎の部分はフィノッキオと呼び、刻んでスープに入れたり薄くスライスしてサラダに利用され、捨てるところがない優秀食材なのです。そんなフェンネルの香りの特徴や、特徴を生かした使い方をご紹介します。

「魚のハーブ」フェンネルの使い方

フェンネルの葉は細くふさふさとわかれていて、ほんのり甘く爽やかな香りが特徴。魚料理に良く利用されるので、「魚のハーブ」と呼ばれています。

例えば魚をグリルしたりオーブン焼きにするときに、香りづけとして魚の上に散らしたり、飾りとしてのせ、香りを楽しみます。その香りは甘く、神経を穏やかにする効果があります。爽やかな香りは魚の臭みをとり、魚独特の油っこさを消してくれるので、魚を使ったカナッペの飾りにもオススメです。

塩漬けのタラを使ったブランダードの飾りに、ピンクペッパーと一緒に散らすと、爽やかな香りと共に視覚的にも可愛く演出できます。

個性的な香りとポリポリ食感を活かす、フィノッキオ

フェンネルの根茎の部分はフィノッキオという名前で、時々スーパーのフレッシュハーブコーナーで見かけることがあります。

フィノッキオは固いので、縦に薄切りにして軽く水にさらしサラダにして食べたり、細切りや小さく切ってスープの具材にしたり、スライスして魚やお肉と一緒にグリルしていただきます。フルーツやオリーブ・ツナなど、香りが強い食材と一緒にサラダにすると、ハーブ由来の独特の香りが活かされます。ただし固いので、できるだけ薄切りにすること。加熱するとほんのり甘い香りが漂いますので、刻んで他の食材とスープの具材にもオススメ。

またフェンネルの葉は、スープの飾りとしても使われます。フェンネルは荒れた胃を労わり、消化促進作用があるので、フェンネルとフィノッキオのスープは、心もカラダもほっこり温まる効果が期待できます。

煮魚からクッキーまで!フェンネルシードは万能スパイス

フェンネルシードも魚との相性抜群。西インドではフェンネル・クミン・カロンジ・フェヌグリーク・コリアンダーをミックスした、煮魚や鶏の炒め物に使われるミックススパイス・パンチホロンがあります。

フェンネルシードには胃腸の調子を整え、殺菌・消毒の他、清涼感のある香りは口臭予防にも効果的なので、インド料理店では口直しにフェンネルシードを砂糖でコーティングした“ソーンフ”が置いてあることが多いです。

甘い香りはお菓子にも利用され、クッキー生地に直接練りこんで焼くお菓子もあります。甘い香りと爽やかな刺激に、いくらでも食べてしまいそうになりますが、フェンネルには代謝を促進し脂肪燃焼を促すという、嬉しいダイエット効果があるので安心ですね。

甘さと爽やかさのバランスが絶妙、フェンネルを使いこなそう

フェンネルの別名“茴香”は「魚の香りを回復する(復活させる)」という意味でつけられたのだそうです。魚や鶏の臭みを消し、口臭予防やお菓子の香りづけにも使われるフェンネルシードは、ぜひスパイスラックに置いておきたい1本です。

また食後にはフェンネルの葉を使ったハーブティーもおすすめです。食べ過ぎた胃を癒し、お腹に溜まったガスの排出を助けてくれますよ。