食料庫の戸棚を整理すると、“何年も賞味期限が切れていて捨てなければいけない!”といった調味料がわんさか出てきたという経験はありませんか?

調味料は和風だしやふりかけ等の粉末タイプの調味料であれば、そのまま可燃ごみへ捨てやすいですよね?油やケチャップ等、そのままでは捨てにくいものもありますから、捨てる際には、注意が必要ですよね。そこで、捨てる際に扱いにくい調味料を中心に、捨て方を一覧にまとめてみました。捨て方は、地域によって、差がでると思います。地域の捨て方と合わせて参考にしてみてくださいね。

マヨネーズやケチャップ等の中身がドロッとしている調味料

液体と比べて、中身がドロッとしていますので、そのまま、流しやトイレに流してしまうと詰まりの原因にもなりかねませんので、しないように気をつけましょう。環境にも非常に悪影響を及ぼします。

自治体によっては、容器のプラスチックも可燃ごみとして捨てれる所もあります。その場合は、そのまま捨てれることも可能です。しかし、多くの場合はプラスチック容器は、中身を出してきれいに洗ってからゴミに出さなければいけません。中身の液体は“新聞紙に入れてビニール袋でくるんで捨てる”のが基本です。

 醤油やみりん、お酢、焼肉のタレ、ポン酢などの液体調味料

液体なので、そのまま流し台で流してしまいがちですが、環境に悪影響を及ぼすこともありますので、できるだけ可燃ごみとして出すことをおすすめします。

可燃ごみとして出す場合は、牛乳パックに新聞紙や古い布等、液体がしみこみやすいものを入れて、その上から液体調味料を注ぎ、ガムテープで中身が出ないようにしっかりと止めておきましょう。牛乳パックは牛乳という液体が中からにじまないように設計されていますので、液体の調味料を入れた際も、中身が出ることはまずありません。

ジャムやマスタード等のビンに入っている調味料

液体と比べてドロドロとしているものが多いため、必ず中身を出して可燃ごみに捨てる必要がある調味料でもありますね。水分が少ないので、新聞紙に染み込ませるのは難しいですが、新聞紙や古布にくるんで、可燃ごみの日に出しましょう。入っている容器のビンは中をきれいに水洗いし、ビンが回収されるゴミの日に出すようにしてくださいね。間違っても、流しやトイレに捨てることがないように気をつけましょう。環境に悪いのはもちろん、詰まりの原因にもなります。

油の調味料類

使い古した油であれば、使い終わった際に、油を固めて可燃ごみに捨てるというやり方が主流ですよね。中には、未使用だけど、賞味期限が切れて油を捨てたいという悩みを持った方もいらっしゃると思います。おすすめの方法は、“トイレットペーパー”をそのまま油の中に投入して、油を染み込ませるという方法です。1リットルの油であれば、2~3ロールあれば、きれいに油を吸い取ることができます。そのまま可燃ごみに捨てればごみ捨て完了です。しかし、トイレットペーパーが勿体無いから新聞に含ませるという方法もありますが、樹脂分がたくさん含まれていることで、液体が吸い込みにくい素材になっています。また、新聞自体をとらない家庭も増えてきていますので、トイレットペーパーで吸い上げる方法が一番手軽で経済的なんです。100円均一でも油を吸う商品はありますが、トイレットペーパーは12ロール入って安いところで200円ほどで買えるものもありますので、そこまで値段も変わらないと感じるかもしれませんね。